ニュース
» 2016年04月11日 16時22分 公開

三船美佳、娘のため「パワーアップして強い母ちゃんで」 映画「バットマン vs スーパーマン」イベントで決意

映画の大ヒットを記念したトークイベントが開催され、三船美佳さんとバイきんぐの2人が登壇しました。

[田下愛,ねとらぼ]

 4月7日、現在公開中の映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の全世界大ヒットを記念したイベントが都内で開催。タレントの三船美佳さんと、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二さん&西村瑞樹さんが登壇しました。

西村瑞樹さん、三船美佳さん、小峠英二さん 左から、西村瑞樹さん、三船美佳さん、小峠英二さん

 映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、2大ヒーロー、バットマンとスーパーマンの対決を描いた作品。クラーク・ケント/スーパーマンをヘンリー・カビル、ブルース・ウェイン/バットマンをベン・アフレック、さらに、新たなヒーローとして登場するダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンをガル・ガドットが演じています。

 この日、小峠さんはスーパーマン、西村さんはバットマンのコスプレでそれぞればっちりキメて登場。三船美佳さんは、セレクトショップ「エストネーション」と作品のコラボTシャツ姿で現れました。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」イベントでの西村瑞樹さん、三船美佳さん 「オーダーメイドくらいのピッタリ感」(小峠さん)、「バットマンが好きで見ていたので、夢のよう」(西村さん)とご満悦の様子

 公開を待ちに待っていたという三船さん。娘、母と一緒に見に行き、字幕版、吹替版と2回連続で鑑賞したらしく、「夢にバットマンが止まらない」「スーパーマンがテッテレ〜みたいな」とやや興奮気味にトークを展開。今回の作品について「(これまでと)視点が違う。崩されていくビルに住んでいる一般市民の目線で見ていくので、それが斬新だった」「全然違う2人が……」と語っていたかと思うと、急に「ま、いっか!」と自ら話をぶったぎる“三船節”をさく裂させ、周りもびっくり。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」イベントの三船美佳さん 字幕版、吹替版と続けて鑑賞したという三船さんに、小峠さんから「2回連続で見るって、まあまあ暇じゃないですか」というまあまあ辛らつなツッコミも

 また、同作はバットマン、スーパーマンに加えて新たな女性ヒーロー“ワンダーウーマン”が登場することが話題になっており、ワンダーウーマンについて三船さんは「私の母の世代からの地上で初めての女性のスーパーヒーロー。フロンティアだし、めっちゃかっこいい。セクシーだし、強いし、頭もいい。やっぱり、頭のいい女性っていいなと思いました」と絶賛。一方、強い女性に対して「強すぎるのも考えもの」と小峠さん。かつて浮気がばれたとき、当時の彼女に「目をつぶってくれ」といわれて目をつぶると、往復ビンタと飛び蹴りをくらい、その後「許してやる」と言われたエピソードを披露しました。

 さらに、愛のために戦う同作にちなんで、守るべきものはなにかと問われた3人。三船美佳さんは「かっこいいこといわせていだいていいですか? 自分っす」と突然の体育会系コメント。「娘がいるので、パワーアップして強い母ちゃんで、ちゃんとしていかないと」と強い決意を語りました。一方、バイきんぐの2人は、「そこそこふくれあがってきた資産」(小峠さん)「どれだけ忙しくなっても睡眠時間を守りたいですね」(西村さん)と、リアルな話で会場を笑わせました。

 映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は大ヒット公開中です。


(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

田下愛


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙