ニュース
» 2016年04月17日 22時01分 公開

オビ=ワンはダース・ベイダーとの戦いに生き残るはずだった? チューバッカ役の俳優がオリジナル脚本を公開

膨らむ妄想が止まらない。

[Glycine,ねとらぼ]

 オビ=ワンはダース・ベイダーとの戦いで生き残るはずだった! チューバッカを演じた俳優ピーター・メイヒューさんは、1977年公開の「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の、修正前のオリジナル脚本の画像をTwitterで公開しました。


チューバッカ チューバッカを演じたPeter Mayhewさん(画像はPeter MayhewさんのTwitterより)

 ピーターさんは「オビ=ワンはベイダーとの戦いに生き残るはずだった」との文章とともに、少し黄ばんだ脚本のページを3枚公開しています。



 それによると、オリジナル脚本では、オビ=ワン・ケノービは彼の元弟子、ダース・ベイダーの手にかかって死ぬことにはなっていなかったそう。「老人よ、おまえの力は弱い」とベイダーに圧倒されながらも、オビ=ワンはベイダーのライトセーバーの打突を防ぎ、最終的にはベイダーの罠から逃れることになっていたようです。「ベン(オビ=ワン)は打撃から逃れることに成功する」と、スクリプトのページに見られます。


脚本 修正前のオリジナル脚本の画像(画像はPeter MayhewさんのTwitterより)

 その後ベイダーとの戦いをしのいだオビ=ワンは、ストーム・トルーパーたちをなぎ倒し、ミレニアム・ファルコンに向かってひた走り、ルークや仲間たちの助けを得てファルコンに搭乗、デス・スターから宇宙へと逃れる、というシナリオになっています。


ライトセーバーの戦い オビ=ワンとベイダーの戦い(画像はStar Wars公式サイトの動画「VADER VS. KENOBI」より)

 このシナリオが映画の最終版となっていたなら、シリーズ自体、まったく異なる展開となったことでしょう。もしもオビ=ワンが生き残っていたなら、その後のルークは? ベイダーの運命は? 日の目を見ることのなかったオリジナル脚本から想像を膨らませてみるのも、「スター・ウォーズ」の楽しみ方としてアリかもしれません。


関連キーワード

スター・ウォーズ | Twitter | 俳優 | シナリオ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐