ニュース
» 2016年04月18日 08時00分 公開

神山健治監督新作映画「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」、2017年劇場公開へ

サイドカーがロボットに変形してるぞ!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや「東のエデン」「精霊の守り人」などの作品で知られるアニメーション監督・神山健治さんの新作映画「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」が、2017年劇場公開されることが明らかになりました。

キャラクターデザイン画 ロボットに変形するサイドカー

 同作の舞台は2020年の東京オリンピックを目前にした岡山。キャラクターデザイン画と1枚の背景美術が公開されており、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」の存在が確認できます。

背景美術 舞台は東京オリンピックを目前にした岡山

 キャラクター原案は、スタジオジブリの映画「猫の恩返し」や「東のエデン」のキャラクターデザインを手掛けた森川聡子さん、「ハーツ」のデザイン原案は「ベイマックス」のコヤマシゲトさんが担当しています。制作スタジオはIGポートグループのシグナル・エムディ。

 神山さんが映画作品の監督を務めるのは、2012年公開の「009 RE:CYBORG」以来。5年ぶりとなる同作について、神山さんは次のように語っています。

重苦しい現実と対峙(たいじ)していかなければならない時代に、アニメーション映画がやるべきことは何か? 自問自答していたある日、「自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだ」と言われふっと天真らんまんな女の子とお父さんの物語が浮かんできました。でもこれがなかなか一筋縄ではいかずどうしたら娘に見てもらえるかを考えながら奮闘する毎日でした。この物語は、あるミニマムな個人の想いに寄りそった「父と娘の物語」です――神山健治

 “物語が浮かんだ”というコメントから、同作は原作付きではなく、神山さんのオリジナル脚本・監督作品なのかもしれません。これまで原作がある作品を多く手掛けていた神山さんだけに、新たな挑戦となりそうです。

(C)2017 ひるね姫製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声