ニュース
» 2016年05月09日 18時10分 公開

ドラミちゃんがドラえもんに早変わり! 背景色次第で見え方が変わる不思議な画像

モノクロ版を自作できるツールも公開。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 以前にネコとロボットを重ねるとドラえもんになる切り絵を作成したタローさん(@taro_x)が、更なる不思議な画像を公開しました。Twitter上のドラミちゃんをクリックすると、ドラえもんに早変わり。環境によっては変化が起きませんが、変化の様子を収めた動画でも確認できます。

 Twitter上では変化が見られなかった場合は、作者のブログから画像を保存してみましょう。iPhoneのカメラロールで表示すると、タップするだけで変化の程が分かります。PCの場合は、画像をPowerPointやExcelに挿入すれば試せます。


iPhone1 ドラミちゃん画像をカメラロールで選択

iPhone2 タップで決定するとドラえもんに!

PC PowerPoint上で画像を動かすと、背景の境目で変化

 これはPNG形式画像の透過機能を利用した、いわゆる「クリック推奨画像」。モノクロでの作成は以前流行しましたが、カラーでの実現は、おそらくこれが初めてのことでしょう。

 タローさんによると、標準的なディスプレイのガンマ値が、1より大きい2.2に設定されていることが変化の要因とのこと。画像は2×2のブロックごとで色を表し、ブロック内には補色の関係にある色を入れるなどの仕掛けが。そのうえで背景を黒に変えると、ガンマ値が高いディスプレイでは、灰色に見えていた部分が黒っぽくなり、カラーバランスが崩れて色がついたように見えるのだそうです。

 タローさんは、モノクロの「クリック推奨画像」を作れるツール「変幻画像作成」も公開しています。使い方は、サイトに2つの画像をアップロードするだけ。背景色に応じて切り替わる透過PNGファイルが、自動で生成されます。


変換サイト 「参照」ボタンをクリックし、変換元の画像をアップロードすればOK

 編集部で試してみたところ、ITちゃんがワンクリックで生物部バージョンに切り替わる画像を簡単に作れました。背景色はサイト上で切り替えらるので、画像の仕掛けもすぐに試せます。


ノーマル生物部 画像上部のボタンから、背景色を切り替え可能。サイズの異なる画像を用いた場合でも、サイトのほうで合わせてくれます


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む