ニュース
» 2016年05月11日 18時33分 公開

華麗なるパーフェクトプレイ! 「ドンキーコング」スコアアタック世界記録が更新

最終スコアは、ゲームの仕様上の限界であろう121万8000点。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1981年のアーケードゲーム、「ドンキーコング」(北米版)のスコアアタック世界記録が更新されました。達成したのは前記録保持者のWes Copelandさん自身で、最終スコアは121万8000点。「これが私の最後の記録となるだろう。これ以上のスコアを出せるとは思えない」と語っており、この記録は同作の仕様上の限界と言えます。



記録 画面上は「218000」点となっているが、これは「ドンキーコング」がスコアを6桁までしか表示できないため。実際は121万8000点(画像はWes CopelandさんのFaceBookページより)

 3時間以上にも及ぶ挑戦の様子は、YouTubeにてノーカットで公開されています。タルをギリギリかすめるように跳んだり、敵の動きを予測してハンマーで潰したりと、絶妙なテクニックでスコアを稼ぐWes Copelandさん。スコア稼ぎを目的とした故意の死亡を除いては、ノーミスで周回プレイを重ね、120万点オーバーで22周目を迎えます。



25m 制限時間一杯まで、タルを跳び越えて加点

100m 最上階では、垂直ジャンプだけでスコアを稼ぐ裏技も

死亡稼ぎ マリオの残り数に余裕がある場面では、わざとタイムオーバーまでスコアを稼ぎ続けている

 すると、突然マリオが謎の死を遂げ、ゲームは終了。記録はここでストップとなってしまいました。なぜこのような現象が起きるのか? それはステージに設けられた制限時間の仕様によるものです。


loop22 22周目の開始後約8秒で、マリオはなぜか死亡してしまう

 同作の制限時間は4桁の数字で表現されており、一定のペースで100ずつ減少。クリア時に残っていた数値がそのままボーナスとしてスコアに加算されます。周回を重ねると初期値が増加し、ボーナスを稼ぎやすくなりますが、同時に減少のペースも加速。この仕組みが、22周目の到達時に不具合を引き起こし、ゲームは強制的に終了となってしまうのです。

 つまり「ドンキーコング」がプレイできるのは、事実上22周目の冒頭まで。今回のような記録を打ち立てるには、制限時間の範囲内で可能な限り敵の回避や撃破を重ね、加点しなければなりません。そこに着目しつつプレイ動画を見ると、Wes Copelandさんの工夫に感心させられるでしょう。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響