ニュース
» 2016年05月16日 11時43分 公開

任天堂が映画事業参入へ 「マリオ」や「ゼルダ」の映画化なるか

広報「映像制作への参入は事実」。

[ねとらぼ]

 任天堂が映画事業に参入するため、複数の映画制作会社と提携交渉に入っていると朝日新聞が報じています。任天堂広報に確認したところ、映画のみに限ったものではないとしつつも、今後任天堂が主体となって「映像ビジネス、映像制作」全般を行っていくのは事実とのことでした。

 朝日新聞のインタビューに対し任天堂・君島達己社長が答えたもの。記事では2〜3年後を目標に第1作目を完成させるとしており、具体的なタイトルは明かしませんでしたが、「みなさんに人気のあるIPは使っていきたい」と語っています。また過去にハリウッドで実写化された「スーパーマリオ」の興行成績が「あまりよくなかった」ことから、今回は「実写じゃないでしょうね」とも。


任天堂が映画事業参入へ 「スーパーマリオ」の実写映画「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」(パッケージ画像はAmazon.co.jpより)

 具体的にどの制作会社と交渉しているかについては、名前こそ出しませんでしたが「グローバルに展開できるパートナーと一緒にやっていきたい」と回答。ハリウッドの映画制作会社かと聞かれると、「例えば、そんなことです」とも答えました。

 これまで任天堂作品では「スーパーマリオ」や「星のカービィ」などがアニメ・映画化されていますが、これらはいずれも他社にライセンスを貸与する形で映像化したもの。今回、君島社長は「できるだけ自分たちでやっていきたい」と答えており、あくまで任天堂が主体となって映像制作を行うとしています。


任天堂が映画事業参入へ 任天堂が主体となって映像化した作品としては、これまでに「ピクミン ショートムービー」などがありました


関連キーワード

映画 | 任天堂 | 参入 | 社長 | 朝日新聞 | インタビュー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた