ニュース
» 2016年05月18日 14時21分 公開

ワギャンランドの「しりとり」アプリが配信! 懐かしい「裏読み」勝負が熱い

1月に行われたクラウドファンディングで目標金額を達成していました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 2016年1月にクラウドファンディングを行い(関連記事)、開始早々に目標金額を達成していたワギャンランドの「しりとり」ゲームアプリが5月16日に配信されました。(iOS版Android版

 目標金額の30万円から20万円以上超えた、51万5000円という支持を集め、予定通りこの春に正式リリースとなりました。


ワギャンしりとりで勝負だ アプリの正式タイトルは「ワギャン しりとりで勝負だ!」

 内容は、1989年に発売された「ワギャンランド」のパズルパート部分、「しりとり」のみに特化したゲームとなっていて、描かれた絵を言葉に変換してしりとりをするというシンプルなもの。そしてそれを奥深くしているのが「裏読み」という要素です。


ワギャンしりとりで勝負だワギャンしりとりで勝負だ 「ずかん」や「ヒント」などのオリジナル要素も!

 ねこの絵一つでも「ねこ」「にゃんこ」「やまねこ」など、いくつかの読み方が存在しているため、想像力を働かせ、頭をやわらかくして挑む必要があります。これによって難しくも“ひらめき”の快感を生み出しハマる要因に……。開発のステアシステム高橋社長が「子どもの頃に大好きだったワギャンランドのしりとりパートだけを思いっきり遊びたい!」と思うのにもうなづけます。

 スマホゲームになるにあたって、キャラが可愛くアレンジされていたり、オリジナルのキャラも登場。しりとりをクリアして貯めたコインでその使用キャラを購入したり、ずかんでは「しりとり」の絵の読み方を埋めていくことも可能と、やりこみ的な部分も用意されています。それでも無料アプリでのリリースなので気軽に楽しむことができますよ。


ワギャンしりとりで勝負だ 相手とうまく「しりとり」を進められればパーフェクトも狙えます!

(c) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(宮原れい)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」