ニュース
» 2016年05月21日 21時00分 公開

バイクや自転車の盗難、爆発音で知らせる 世界一うるさいかもしれない警報装置「BIKE MINE」

自転車泥棒にとってはまさに地雷。

[Jun,ねとらぼ]

 イギリスのYannick Read氏が爆発音でバイクや自転車の盗難を知らせる装置「BIKE MINE」製品化に向け、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達を開始しました。


BIKE MINE ロック?アラーム? GPS? 男は黙って爆発だ!(画像はKickstarterより)

BIKE MINE 自爆装置作動! のようにも見えます……が、警報装置です(画像はKickstarterより)

 「世界で一番うるさい警報装置」をキャッチコピーとしているだけに、盗難に遭うと警告音のかわりに150デシベルにも達する大きな爆発音がさく裂します。国土交通省の資料によると、電車のガード下で100デシベルであるため、単純にその1.5倍の大きさとなります。

 装置は非常にシンプルで、チタン製ワイヤーとスプリングが組み込まれたトラップ、小さな爆発管で構成されており、取り付けもマジックテープを使って簡単にできるため、自転車やバイク以外の乗り物にも使うことができます。電源などありませんので、爆発するまではいつまでも使えるとのことです。


BIKE MINEプロトタイプ BIKE MINE(プロトタイプ)の外観(画像はKickstarterより)

 Yannick Read氏がこれを作ろうと思ったきっかけは、自身が自転車とバイクの盗難に遭ったこと。両方ともきちんと鍵をかけ、できるかぎり対策を立てていたにもかかわらず、泥棒は氏が睡眠中にやってきて、鍵を壊して持ち去ってしまいました。そのとき寝たまま全く気が付かなかったので、盗難時に確実に目が覚め、かつ泥棒が逃走するほどの爆音の警報装置を作ろうと考えたそうです。

 また、氏は爆音にはちょっとしたこだわりがあるようで、これまでに自転車用の警笛「The Hornster」を作り、136.2デシベルをたたき出して「世界で一番うるさい自転車用の警笛」としてギネスワールドレコーズに認定されたという実績も持っています。それもあって、このようなユニークな警報機のアイデアを思いついたのかもしれません。盗むほうにもひと泡吹かせられることができる、爽快な警報装置です。


世界で一番うるさい自転車用の警笛 世界で一番うるさい自転車用の警笛(画像はギネスワールドレコーズより)


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン