ニュース
» 2016年05月21日 16時17分 公開

こいつ……光るぞッ! どうみても祖母の遺品には見えない「エレクトリカル箪笥!」が話題に

たんすの 法則が 乱れる!

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 5月20日、Twitterのトレンドに「エレクトリカル箪笥」という謎ワードが出現。ほかにも「箪笥箪笥レボリューション」「箪笥のネタバレ」「箪笥の電池」といった言葉が飛び交う状況に。これはいったい? 突然の箪笥ブーム……?

 “箪笥が届いた”という人々のツイートが拡散したようですが、それらの投稿を見ると、到着したブツの梱包(こんぽう)には「Sound Horizon」の文字。

 どうやら、サウンドクリエイターのRevoさんを中心とした音楽ユニット「Sound Horizon(サウンドホライズン)」(以下、サンホラ)の“桐箪笥”付きBlu-rayボックス「9th Story Concert 『Nein』〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜」が購入者の下に続々と届いているようです(関連記事)。

「Sound Horizon」桐箪笥 桐箪笥付きのBlu-rayボックス。お値段10万円

 引き出しの内側は鏡面仕上げになっていて、「Nein」というロゴが鮮やかなブルーに光り輝きます。うん、これはまさにエレクトリカル箪笥。サンホラの「Interview with Noel」という曲に“祖母の遺品の古い箪笥”が登場することから企画されたようですが、手元に届いた人からは、「どうみても祖母の遺品には見えない」というごもっともな声があがっています。

 日本人が驚くネオ箪笥の存在を目の当たりにした人からは、「箪笥Revoリューションなの光るの?」「箪笥が????光る?????電池????」「桐箪笥職人さんたちはどんな気持ちで光る箪笥作ってたんだろうなぁ」「箪笥のネタバレっていう字面がもう反則」といった声も多数見られました。

 開くと「七」の形になる7thアルバムや「1辺21.5センチの立方体」のボックスなど、CDやBDの変わった販売方法を仕掛けてきた歴史を持つサンホラ。次回にも注目したいところですね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露