ニュース
» 2016年05月24日 14時10分 公開

小池一夫(80)せンせい、「マジンガーZ」「科学戦隊ダイナマン」などの作詞家・東文彦は自分の別名だったと明かす

これらの楽曲を聞いて育った人たちも多いはず。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 ヒーロー戦隊特撮テレビドラマ「科学戦隊ダイナマン」の主題歌の作詞を担当していたのが、劇画原作者の小池一夫せンせいだったと知ってビックリしたというツイートに反応して、小池せンせい本人がツイート。ほかにも多数の主題歌で作詞を行っていたことを明かし、さらなる衝撃を与えています。

小池一夫Twitter ええッ、あれもこれも小池せンせいが!?(画像は小池一夫せンせいのTwitterより)

 一連のツイートによると、「科学戦隊ダイナマン」だけでなく、「マジンガーZ」や「グレートマジンガー」、さらには「電子戦隊デンジマン」「大戦隊ゴーグルファイブ」「電人ザボーガー」などの主題歌を作詞していたとのこと。小池せンせいは、水木一郎さンが歌っていたマジンガーZの歌詞の一節をつぶやきつつ、「懐かしー。東文彦って僕の別名です」と告白しています。

 このことは以前からも公表されていたのですが、今回初めて知る人も多かったようで、Twitterには「マジっすか!スマホを持つ手が震えてます」「えええええ!!全部そらで歌えます」といった驚きの声のほか、懐かしさのあまり思わず歌詞をツイートする人も。中には小池せンせい作詞の名曲が脳内でヘビーローテーションしはじめた人や、5歳の息子さんが口ずさんでいるという人もいました。

 また、子どものころから小池せンせいの歌詞に触れて育ってきたという事実に、「ワタクシは小池先生にも育てていただいた」「先生にどこかお父さんのような愛情を感じるのはそういうことだったんですね」「だからツイートがバシバシ心に染み込むみたいに得心いくわけだ!」という声も。

あの子連れ狼の主題歌も小池せンせいの作詞

 過去にはおっぱい詐欺に引っ掛かるなどおちゃめな一面を見せたこともある小池せンせいですが(関連記事)、こういう話を知るとあらためてその偉大さに心打たれる思いがします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」