ニュース
» 2016年05月25日 14時32分 公開

小説家やミュージシャン、金正恩も登場 「著名人がカップ焼きそばの作り方を書いたら」がブーム なぜ書かせた

糸井重里さんに至っては本人が降臨。

[イッコウ,ねとらぼ]

 「世界一即戦力な男」などで知られる菊池良(@kossetsu)さんがツイートした”もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら”。「完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」などの言い回しがいかにも村上春樹っぽいこのツイートがきっかけとなり、「もし著名人がカップ焼きそばの説明文を書いたら」を妄想するツイートが流行しています。



 この「カップ焼きそばの作り方」は、ドグラ・マグラっぽさ全開の夢野久作版や、卑下しまくる太宰治などの”文豪が焼きそばの作り方を書いたら”から始まり、その後も三島由紀夫賞を受賞し話題となった(関連記事)蓮實重彦さんなど著名人のものが続々登場。糸井重里さんに至っては、一般ユーザーが投稿した内容を糸井さん本人が本文を生かしつつ書き直すというまさかの展開になったりしています。糸井さん、優しい。

 この他にも、ポルノグラフィティ版やUVERworld版などミュージシャン風のものがツイートされ、さらには自動車評論家の徳大寺有恒版、果ては北朝鮮の金正恩版まで登場。どれも文章の特徴をうまく捉えた秀逸なものばかり。

 この「カップ焼きそばの作り方」、村上春樹版がツイートされたのは5月15日ですが、その後もドンドン進化を続けているようです。……しかし、湯切りに失敗しているパターンがやはりチラホラありますね。


やきそヴぁ 湯切りには気をつけましょう

関連キーワード

Twitter | 糸井重里 | 金正恩 | 村上春樹 | ブーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」