ニュース
» 2016年05月30日 13時49分 公開

平成ライダー俳優5人が新選組演じる、「歴史秘話ヒストリア」で アギト賀集が近藤 オーズ渡部が新八

歴代仮面ライダーシリーズのイケメン俳優たちが、新選組の友情と青春を熱演……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 NHKの歴史番組「歴史秘話ヒストリア」が6月10日に、歴代「仮面ライダー」シリーズに出演した俳優が幕末の新選組を演じる「新選組 ボクらの友情と青春」を放送します。「仮面ライダーアギト」の賀集利樹さんなど平成ライダー5人が、イケメン集団のイメージが強い新選組の友情を描く予定です。

新選組 ボクらの友情と青春 平成ライダーたちが演じる新選組!!!(写真提供:NHK)

 出演者は、近藤勇役が賀集利樹さん(仮面ライダーアギト)、土方歳三役が佐藤じん(「迅」のしんにょうをさんずいに)さん(仮面ライダーガタック)、永倉新八役が渡部秀さん(仮面ライダーオーズ)、沖田総司役が永瀬匡さん(仮面ライダービースト)、藤堂平助役が佐野岳さん(仮面ライダー鎧武)。

新選組 ボクらの友情と青春 賀集利樹さん(近藤勇役)

新選組 ボクらの友情と青春 佐藤じんさん(土方歳三役)

新選組 ボクらの友情と青春 渡部秀さん(永倉新八役)

新選組 ボクらの友情と青春 永瀬匡さん(沖田総司役)

新選組 ボクらの友情と青春 佐野岳さん(藤堂平助役)

 主人公は、新選組最強の剣客と呼ばれ、大正時代まで生き残った数少ない元隊士・永倉新八。彼が新選組の真実を世に伝えようと残した手記「浪士文久報国記事」をもとに、新選組の仲間との青春、友情、鎮魂の物語を紹介します。

 収録を終えて賀集さんは「共演者の皆さんとは初対面ではありましたが、初めてなのに初めてではないような感じがしました。やはり仮面ライダーという特殊な役を演じてきた者だけが感じる結束(繋がり)だと思いました」と振り返りました。佐藤さんも「今回は全員ライダー経験者で構成された新撰組、年代は違えども同じ空気感を感じた同志達。そこには目に見えない強い絆が確かにありました」と触れるなど、仮面ライダー俳優だけで演じたからこその空気が撮影現場に生まれたようです。

 「新選組 ボクらの友情と青春」はNHK総合で20時から放送(東北地方・山口県は6月17日16時5分〜16時50分)。

番組概要

 幕末京都で活躍した新選組。イケメン集団というイメージでドラマやアニメなどでもたびたびとりあげられる。そうした新選組のイメージの大本となっている史料が『浪士文久報国記事』(ろうしぶんきゅうほうこくきじ)という永倉の残した手記だ。永倉新八は、大正時代まで生き残った数少ない元隊士。なぜ永倉は仲間たちの姿をこの手記に書き記したのか?そこには、明治以降、逆賊の汚名を着せられてきた新選組の真実を世に伝えたいという、永倉の知られざるドラマがあった。新選組のすべてに立ち会い、生き残った永倉。その白刃の中での仲間との青春、友情、鎮魂の物語。

出演俳優コメント

渡部秀さん(永倉新八役)

「いつの時代にも男には友情が存在します。それは時に物凄いパワーになり、時に根深い怨恨にもなりうるものです。ただこの時代の友情は現代の友情とは少しニュアンスが違うと思います。立場、信念などによって友情の在り方が変わるこの時代において、もがき苦しみながらも大事なモノを貫き通す男達がとてもカッコ良く、そして役者としてのやりがいを感じました。」

  • 演じた永倉新八について

「永倉は剣術においては誰にも負けない武士ですが、人間関係においては不器用な人間だったのかもしれません。新選組に入り永倉が成長していく様を演じました。」

  • ライダー出演者との共演について

「今回ライダーの先輩から後輩まで、素敵な役者の方々と新選組という男なら誰もが憧れる集団を演じる事が出来て光栄です。ライダーも然り、僕らにしか分からない大事なモノがあって、僕らにしか感じることが出来ない友情があるのかもしれません。」

佐野岳さん(藤堂平助役)

「今回、藤堂平助を演じさせていただきました、佐野岳です。激動の時代の中で共に歩み、互いに何を想いあっていたのか、複雑に取り巻く環境、人間関係を自分なりに泥臭く演じたつもりです。この時代の「友情と青春」がどれだけ熱く、どれだけ儚いものだったのか少しでも皆さんに伝われば幸いです。歴代ライダー出演者を新撰組に見立てた斬新なキャスティング、僕たち仮面ライダー達だからこそ出せる空気感を是非お楽しみください。」

賀集利樹さん(近藤勇役)

「共演者の皆さんとは初対面ではありましたが、初めてなのに初めてではないような感じがしました。やはり仮面ライダーという特殊な役を演じてきた者だけが感じる結束(繋がり)だと思いました。大学で歴史を専攻したほどの歴男(歴女でなく)の僕には幕末というのは大変興味深く 仮面ライダー出身の役者で新選組を演じるという面白い企画にお声をかけ頂き誠に有難うございました。」

佐藤じんさん(土方歳三役)

「土方歳三を演じました佐藤じんです。いつか絶対に着たいと思っていた念願の法被を着ることができて感無量でした。今回は全員ライダー経験者で構成された新撰組、年代は違えども同じ空気感を感じた同志達。そこには目に見えない強い絆が確かにありました。史実には鬼の副長と良く書いてありますが、鬼とはいえ人間なのだから仲間と笑い、怒り、酔っ払い、愚痴を吐きなど絶対にあったはず。人間味のある土方歳三を皆様にお届けできたらと思いながら演じさせて頂きました。是非お楽しみに。」

永瀬匡さん(沖田総司役)

「この度沖田総司役をやらせていただきました永瀬匡です。自分自身、武士の役をやらせていただくのは初めての体験だったので、すごくワクワクしていました。役者を目指すきっかけが、武士の役を見てだったので、夢が一つ叶いとても嬉しく思っています!ライダー出身の俳優さんたちと共に、似たような過去を持った男たちが前に進んでいく物語は、見てくださる方の心にもすんなりと入っていくのではないかと思います。是非楽しみにしていて下さい!」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」