ニュース
» 2016年06月09日 12時15分 公開

「好きな人とは正直に向き合いたい」 映画「オオカミ少女と黒王子」日比谷健役・横浜流星の恋愛観

胸キュンしました。

[田下愛,ねとらぼ]

 5月28日から全国公開中の映画「オオカミ少女と黒王子」。

 八田鮎子さん原作の同名少女マンガを実写化した同作。女子高生・エリカ(二階堂ふみ)と、エリカに「絶対服従」を突きつけるドS王子・佐田恭也(山崎賢人、崎はたつさき)のうそから始まるラブストーリーは、初週の動員ランキングで「ズートピア」に次ぐ好調な滑り出しを見せています。

 同作では、鈴木伸之さん、門脇麦さん、横浜流星さん、池田エライザさん、玉城ティナさん、吉沢亮さん、菜々緒さんらがダブル主演の脇を固めていますが、今回は、佐田恭也の親友で、明るく漢気(おとこぎ)あふれる日比谷健を演じた横浜流星さんにお話を聞きました。

映画「オオカミ少女と黒王子」日比谷健役の横浜流星さん 映画「オオカミ少女と黒王子」日比谷健役の横浜流星さん

―― 日比谷健は、実際に演じてみてどんな役だと感じました?

横浜 恭也の中学時代の親友の役ですが、すごく明るくて元気で仲間思い。もしも現実にいたら、すごく友達になりたいタイプ。映画でも「こういう友達がいたらいいな」と思っていただけるように心掛けて演じました。

―― 健は、“黒王子”こと恭也とはある意味真逆のキャラクターですよね。

横浜 恭也との対比も意識していて、健は明るくて見ていてほほ笑ましくなれるキャラクターにしたいと思っていました。声や立ち振る舞いを元気にきびきびさせて、明るさを出していけたらいいなと考えてやっていましたね。

―― 横浜さん自身は、恭也と健、どちらに近いですか?

横浜 恭也に共感できる部分はあります。あそこまでドSの黒王子ではないですけれど(笑)。

―― 健は、恭也が唯一心を許している存在ですが、横浜さん自身は、恭也のような複雑な部分がある男の子と出会ったとき、友達になれます?

横浜 なれると思います。逆に恭也のような人の方が知りたいし、自分から向き合っていきますね。それで、相手が本音を言ってくれたらうれしいし、こちらもどんどん伝えていって、いろいろなことを言い合える仲にあこがれるというか、友達とは深いきずなで結ばれたいと思うタイプなので。

―― この作品は、「彼氏がいる」といってしまう見栄っ張りな女の子のうそから始まる恋愛物語ですが、もし横浜さんがエリカのような女の子から「彼氏の振りをして」とお願いされたら?

横浜 本当にそう言われたら……断りますね。楽しくなりそうな雰囲気があったりしたら、「いいよ」と言ったりするかもしれませんが……。実際、そう言われたら、困るので。

―― エリカのような女の子はどう思いますか?

横浜 うそをつくのはいけないことですし、僕はうそをつかれるのが一番大嫌いなんですけど、好きな人に対して一生懸命な姿はかわいらしいし、いいなあと。

―― なるほど、横浜さん自身はうそから始まる恋愛は「なし」と。

横浜 ないです。(好きな人とは)正直に向き合いたいですね。

映画「オオカミ少女と黒王子」日比谷健役の横浜流星さん,

―― 撮影の中で印象深かったシーンは?

横浜 健の自宅はカフェを営業していて、映画でもカフェのシーンが多いんですが、コーヒーの入れ方や、お客さんにコーヒーを渡したり、片付けたりするしぐさをいかに手際よくできるかが大変でした。でも、スタッフさんに本格的なコーヒーの入れ方を教わって、コーヒーが作れたときはうれしかったですね。苦労はしましたが、芝居を通して一つ経験できたなと印象に残っています。

―― 先ほど、恭也に共感するとお話しされていましたが、きずなを大切にするところは、むしろ健と似ているように感じます。健については自分と似ていると思う部分はありましたか?

横浜 友達を大切にするところは似ているのかなと。友達が悩んでいたら何でも聞いてあげたいし、僕は結構相談を受けるタイプ。友達が相談をしてきたら、がんばって自分なりにいろいろと考えて相談に乗っています。

―― 最後に、ファンの皆さんへメッセージをお願いします。

横浜 出てくるキャラクターそれぞれがすごく個性があふれていて魅力的で、どのキャラクターも好きになってもらえると思います。原作を知っている方はもちろんですが、知らない方も楽しめる作品だと思いますので、たくさんの方に見ていただいて、胸キュンしてほしいですね。僕は胸キュンする役じゃないですが(笑)、胸キュンして帰ってほしいです。

映画「オオカミ少女と黒王子」日比谷健役の横浜流星さん,

(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

田下愛


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声