ニュース
» 2016年06月10日 18時50分 公開

これは家康もプンスカしそう! 「真田丸」直江役・村上新悟の直江状朗読動画が公開

言いにくいことをオブラート包んで低音で冷静に伝えるスタイル。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 NHK大河ドラマ「真田丸」に直江兼続役で出演中の村上新悟さんによる、「直江状」朗読動画が番組公式サイトで公開されています。独特な低音による重厚感あふれる美声。ズシリと耳に響きます。

「真田丸」直江兼続役・村上新悟さんの直江状朗読動画が公開(公式サイトより) 直江兼続役・村上新悟さんの直江状朗読動画が公開(公式サイトより)

 この朗読は、江戸東京博物館で開催中の特別展「真田丸」入館者数6万人突破を記念したセレモニーの場で披露されたもの。一部抜粋したものながら、その下からこみ上げてくるような美声は、劇中きってのクールキャラである兼続らしさにあふれています。

石田三成と並ぶドラマ切ってのクールキャラ・直江兼続(公式サイトより) 劇中では石田三成と双璧をなすクールキャラ・直江兼続(公式サイトより)

 ちなみに直江状とは、上杉家家臣である直江兼続が慶長5年(1600年)、徳川家康の命を受けて上杉家との交渉に当たっていた西笑承兌に送ったとされる書簡のこと。家康による上洛勧告に対して挑発的な文言で返した内容に家康は激怒。関ヶ原の戦いに至る会津・上杉攻めのきっかけになったとも。

 「真田丸」ではこの先、どのように直江状が登場するのか、それともナレーションを務める有働由美子アナウンサーの一言で処理されてしまうのか。一部抜粋でも5分超の長さですが、ドラマでの登場を期待しましょう。

ADAKEN


関連キーワード

朗読 | 動画 | NHK | 大河ドラマ | 徳川家康


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響