日本アニメの創成期を知る大ベテラン 「カールおじさん」の生みの親・ひこねのりおさんに聞くアニメ業界秘話【PR】(1/3 ページ)

31年ぶりに公開された「たけのこの里」の新作CM。ベテランアニメーターのひこねのりおさんに貴重なお話を聞きました。

» 2016年06月20日 10時00分 公開
[ねとらぼ]

 「チョコだけのこの里」「クッキーだけのこの里」(関連記事)のプレゼントキャンペーンを展開する明治が、31年ぶりとなる「たけのこの里」の新作アニメCMを公開。1985年のCMにはお蔵入りになっていた続きがあった、という設定のエイプリルフールネタとして公開されたもので、そのユニークな内容からネット上でも話題になっていました。

ひこねのりお エイプリルフールに公開された特設ページ

 新作では31年前の制作メンバーが再集結。アニメーションを担当したのは、あの「カールおじさん」のキャラクターデザインを務めたことでも知られるひこねのりおさん。東映動画時代には宮崎駿さんの先輩でもあった超ベテランアニメーターです。そんなひこねさんに、長年にわたるアニメ業界での経験や仕事術など貴重なお話を聞いてきました。


新作パートは「カメラ目線」を意識

ひこねのりお ひこねのりおさん

―― 今回「たけのこの里」のCMには続きがあった! ということで、31年ぶりに新作アニメを作られたわけですが、最初のCMはどういう企画から始まったんでしょう?

ひこね 僕はコンテを作る段階から入っていて、その前の経緯が分からないの。当時の「たけのこの里」や「カール」のCMは高杉治朗監督と2人でお話を作って、僕がそれをコンテにするという作り方だったんですね。僕は作画のほうをやっていて、演出じゃないから、企画のことは部分的にしか分からないんですよ。どうしてタヌキとブタが主役なのかってことも含めて、昔のことは結構忘れちゃってます。

―― 31年前のCMはたけのこを抜いたタヌキが勢い余って転んでしまうところでお話は完結していました。その続きを作るにあたって、どんな思いを抱かれていました?

ひこね 既に終わっちゃった話の続きだから、全く新しい作品とも違うし、何がなんだか分からないで作っちゃいましたね。今回は僕はお話には全然タッチしてなくて、言われる通りにやっただけです。ただ、今は何がウケるか分からないから、奇跡が起こればいいなと。

ひこねのりお 31年前はタヌキが転んだところでCMは終了。新作ではこの「続き」が描かれています

―― 新しいCMもタヌキが転んでしまうところまでは以前と同じですが、そのあとにたけのこを引っ張り合って「チョコだけ」「クッキーだけ」に分かれてしまうという内容になっていますね。新作と31年前の作品を違和感なくつなげることに、ご苦労はありました?

ひこね 僕はあんまり進歩してないから、違和感なかったですけどね(笑)。不器用だからね、時代に対応できないんですよ。ジタバタしてもしょうがないですしね。

―― 当時の古いフィルムと新しく描かれた部分が自然につながっているのが印象的でした。どうやって途中から描き足されたんでしょう?

ひこね 前に撮ったフィルムがたまたまあったので、それに描き加える形で作りました。高橋さんの方でいろいろ加工されて、苦労して昔のものを復元されたそうで。

ひこねのりお 31年前の制作メンバーが再集結。左から音楽プロデューサーの遠藤茂亀さん、ひこねさん、アニメーションプロデューサーの高橋渉さん

高橋 たまたまフィルムの原板があったんですよ、それも良い状態で。それでテレシネ(フィルムからテレビジョン信号に変換する作業)し直して、新作部分も画質を昔風にして合わせてみたり、ちょっとデジタルっぽくやっています。

―― 新作部分は昔ながらの手描きですが、自然につなぐためにデジタル技術を使っているんですね。

高橋 明治さんのほうから「31年前にお蔵入りになったフィルムが見つかった」という風にしたいと頼まれまして。本当に昔作っていたように描かないと成立しないので、ひこね先生も頭を抱えられてましたね。結局、旧作の背景を後半まで持ってくるように加工したんです。その上に新作のキャラクターだけ合成するという裏ワザを使っています。

ひこねのりお ひこねさん宅に保存されていたフィルム

―― 背景は昔のままなんですね。

高橋 これがもしもカメラをPAN(横に移動する)されるとちょっと困りますが、ある程度、舞台が固定されていましたからね。

―― 作業的には、どのパートが一番大変でしたか?

ひこね 僕のほうは苦労したことはないんですよ。31年分の穴を埋めるのは高橋さんなので。

高橋 私どもは、ひこね先生が今度は何をやってくれるかなと。それだけを期待していましたね。これはプロデューサーの期待でもあったんですが、今回もなにかやってくれるよねという。

―― 「お遊び」的なものを入れられたんですか?

ひこね 最後のところの秒数が余ったので、タヌキとブタに格好をつけたポーズをさせたかな。31年前のやつでは、そういうことはしなかったですね。今は明らかに演出が変わってきてるので、サービスしなきゃいけないかなと。今回は、かなりカメラを意識する風にしてますね。

ひこねのりお ひこねさんが最後につけ加えた「格好をつけたポーズ」

ネットで60万回再生の感動

―― 31年ぶりの新作CMがネットに動画公開されたわけですが、60万回以上も再生されていてすごく好評です。現在の反響にどういう感想を抱かれますか。

ひこね 60万回というのは、想像を絶する数ですね。今までのテレビCMもどれだけの人が見てるのか分からなくて、それと比べて多いのか少ないのかも分からないですが……そんなに見てもらえるのはすごいなと思いますし、驚いてますね。どういうことかよく分からないんですけど、もちろんうれしいです。

―― ひこね先生は数々のCMを手がけられてきていますが、現在のCMは見られてますか?

ひこね あんまり見ないですね。特に最近はCMでアニメを使ったものってあんまりないからね。あってもCGだったりして、僕がやってるような手描きのものはほとんどない。最近ので言えば古川タクさんの手がけた龍角散CMは好きですね。友達なんだけど。

―― 今回の動画が公開されたとき、ネットの反応を確認されましたか?

ひこね 全然してないです。というかできないんですね。気になったりはしますけど、僕はネットを見ないし、ネットをやる友達もいないのでやり方が分からないんです。

―― ネットでは「最後のタヌキとブタの動きが速すぎるだろう」と面白がられてましたね。

ひこね ああ、僕は困ったものだなと思って見ていたんだけど(笑)。だから何がウケるか分からないですね。あれがウケたんですか、それは意外ですよね。

ひこねのりお たけのこを高速で抜き差しするブタとタヌキ。意味深な動きにビックリ

―― かわいらしい世界で、こんな動きをするの? と意表を突くものが出てきてビックリという。

ひこね じゃあディレクターのイメージ通りに行ったんだ。そういう見てる人を裏切るようなものがウケるんでしょうね。今までやってないことだから。

ひこねのりお 同シーンの原画も

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」