ニュース
» 2016年06月20日 18時11分 公開

「助けてラブライブ!」 新作「サンシャイン!!」の聖地巡礼に期待する沼津・干物業界のブログが話題に

応援の声もある一方、安易な期待をいさめるような厳しい意見も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 7月スタートのアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台は、静岡県沼津市。同作の聖地巡礼による地域活性化を期待した、地元の干物組合「沼津ひものの会」のブログ記事が注目を集めています。


6/15の記事 アニメによる地域活性化を期待する、6月15日の記事

アニメ公式 「ラブライブ!サンシャイン!!」公式サイト

巡礼ガイド 既に有志により、同作の聖地巡礼マップがwikiにまとめられている

 6月15日に投稿された記事のタイトルは「助けてラブライブ! 低迷するひもの業界もついでに助けてほしい!」。日本人の魚食離れに伴って干物業界は苦境にあり、同団体は「沼津ひもの」の周知に苦慮してきました。

 その背景から、「ガールズ&パンツァー」とのコラボが成功した茨城県大洗町を例に出し、沼津にも「ラブライブ!サンシャイン!!」効果が来ることを期待。もしキャラクターが作中で沼津ひものを食べるシーンがあれば、今後の業界の活性化につながるのではと、希望を述べています。

 記事は原作ファンや地元民の間で話題に。Twitterには「生魚ももちろんいいけど干物もみんな食べてくれ」「沼津や伊豆の干物は美味いのは間違いない」「コラボ干物出そう!」といった好意的な意見が見られました。

 同団体は20日に「ラブライブ!サンシャイン!!沼津ひもの、すでに助けられつつあるかも。ありがとうございます。」と題した記事を投稿し、この反響に感謝。SNSで注目を集めることの重要さと難しさや、干物へのこだわりを語りつつ、あらためて同作による沼津への注目を期待しています。


6/20の記事 反響を受けて投稿された6月20日の記事

 もっとも、「大洗は極めて稀なケースなので同じことは望まない方がいい」「(アニメでの町おこしを)前面に押し出して失敗したのいくつかあるんだよなぁ」など、同団体へ苦言を呈する声も少なくありません。

 「もうちょっと大洗を研究されてみては」「まず、作品をもっと好きにならないと」といった提言も。大洗町が成功したのも、単にアニメの看板を掲げただけでなく、地元の熱心な努力があってのことでしょう。沼津ひものの会も、ただ成功を願うだけでなく、「(アピールのために)干物をスタッフや声優に無料で差し入れしたいくらい」とコメントしています。同団体が実際にどのようなアクションを見せるか、干物への思いがアニメのスタッフに伝わるか、注目すべきところです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」