ニュース
» 2016年06月20日 18時11分 公開

「助けてラブライブ!」 新作「サンシャイン!!」の聖地巡礼に期待する沼津・干物業界のブログが話題に

応援の声もある一方、安易な期待をいさめるような厳しい意見も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 7月スタートのアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台は、静岡県沼津市。同作の聖地巡礼による地域活性化を期待した、地元の干物組合「沼津ひものの会」のブログ記事が注目を集めています。


6/15の記事 アニメによる地域活性化を期待する、6月15日の記事

アニメ公式 「ラブライブ!サンシャイン!!」公式サイト

巡礼ガイド 既に有志により、同作の聖地巡礼マップがwikiにまとめられている

 6月15日に投稿された記事のタイトルは「助けてラブライブ! 低迷するひもの業界もついでに助けてほしい!」。日本人の魚食離れに伴って干物業界は苦境にあり、同団体は「沼津ひもの」の周知に苦慮してきました。

 その背景から、「ガールズ&パンツァー」とのコラボが成功した茨城県大洗町を例に出し、沼津にも「ラブライブ!サンシャイン!!」効果が来ることを期待。もしキャラクターが作中で沼津ひものを食べるシーンがあれば、今後の業界の活性化につながるのではと、希望を述べています。

 記事は原作ファンや地元民の間で話題に。Twitterには「生魚ももちろんいいけど干物もみんな食べてくれ」「沼津や伊豆の干物は美味いのは間違いない」「コラボ干物出そう!」といった好意的な意見が見られました。

 同団体は20日に「ラブライブ!サンシャイン!!沼津ひもの、すでに助けられつつあるかも。ありがとうございます。」と題した記事を投稿し、この反響に感謝。SNSで注目を集めることの重要さと難しさや、干物へのこだわりを語りつつ、あらためて同作による沼津への注目を期待しています。


6/20の記事 反響を受けて投稿された6月20日の記事

 もっとも、「大洗は極めて稀なケースなので同じことは望まない方がいい」「(アニメでの町おこしを)前面に押し出して失敗したのいくつかあるんだよなぁ」など、同団体へ苦言を呈する声も少なくありません。

 「もうちょっと大洗を研究されてみては」「まず、作品をもっと好きにならないと」といった提言も。大洗町が成功したのも、単にアニメの看板を掲げただけでなく、地元の熱心な努力があってのことでしょう。沼津ひものの会も、ただ成功を願うだけでなく、「(アピールのために)干物をスタッフや声優に無料で差し入れしたいくらい」とコメントしています。同団体が実際にどのようなアクションを見せるか、干物への思いがアニメのスタッフに伝わるか、注目すべきところです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露