ニュース
» 2016年06月20日 18時11分 公開

「助けてラブライブ!」 新作「サンシャイン!!」の聖地巡礼に期待する沼津・干物業界のブログが話題に

応援の声もある一方、安易な期待をいさめるような厳しい意見も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 7月スタートのアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台は、静岡県沼津市。同作の聖地巡礼による地域活性化を期待した、地元の干物組合「沼津ひものの会」のブログ記事が注目を集めています。


6/15の記事 アニメによる地域活性化を期待する、6月15日の記事

アニメ公式 「ラブライブ!サンシャイン!!」公式サイト

巡礼ガイド 既に有志により、同作の聖地巡礼マップがwikiにまとめられている

 6月15日に投稿された記事のタイトルは「助けてラブライブ! 低迷するひもの業界もついでに助けてほしい!」。日本人の魚食離れに伴って干物業界は苦境にあり、同団体は「沼津ひもの」の周知に苦慮してきました。

 その背景から、「ガールズ&パンツァー」とのコラボが成功した茨城県大洗町を例に出し、沼津にも「ラブライブ!サンシャイン!!」効果が来ることを期待。もしキャラクターが作中で沼津ひものを食べるシーンがあれば、今後の業界の活性化につながるのではと、希望を述べています。

 記事は原作ファンや地元民の間で話題に。Twitterには「生魚ももちろんいいけど干物もみんな食べてくれ」「沼津や伊豆の干物は美味いのは間違いない」「コラボ干物出そう!」といった好意的な意見が見られました。

 同団体は20日に「ラブライブ!サンシャイン!!沼津ひもの、すでに助けられつつあるかも。ありがとうございます。」と題した記事を投稿し、この反響に感謝。SNSで注目を集めることの重要さと難しさや、干物へのこだわりを語りつつ、あらためて同作による沼津への注目を期待しています。


6/20の記事 反響を受けて投稿された6月20日の記事

 もっとも、「大洗は極めて稀なケースなので同じことは望まない方がいい」「(アニメでの町おこしを)前面に押し出して失敗したのいくつかあるんだよなぁ」など、同団体へ苦言を呈する声も少なくありません。

 「もうちょっと大洗を研究されてみては」「まず、作品をもっと好きにならないと」といった提言も。大洗町が成功したのも、単にアニメの看板を掲げただけでなく、地元の熱心な努力があってのことでしょう。沼津ひものの会も、ただ成功を願うだけでなく、「(アピールのために)干物をスタッフや声優に無料で差し入れしたいくらい」とコメントしています。同団体が実際にどのようなアクションを見せるか、干物への思いがアニメのスタッフに伝わるか、注目すべきところです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい