ニュース
» 2016年06月24日 10時49分 公開

愛の力で四国を島ごと動かす 漫画「ハイパー片思い」の片思い力がマジでハイパー過ぎると話題に

ハイパー両思いになる気配はない。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2ちゃんねるのVIPから発祥したWeb漫画・小説サイト新都社(にいとしゃ)で連載中の4コマまんが、ハイパー片思いが強烈なインパクトを放っていると話題です。女子高生ヒロイン森本さんが片思いの相手である佐渡くんにあの手この手でアタックを仕掛けていくのですが、そのアタック方法が物理的にハイパー過ぎて誰もついていけないパワフルぶりでした。


トップ 「ハイパー片思い」トップページ。のっけからこれである

 普段は普通の女子高生の森本さんですが、佐渡くんが関わった瞬間に超人的なパワーを発揮。佐渡くんが「四国のうどんが食べたい」と言ったら四国ごと東京まで動かしたり、席替えで佐渡くんが窓際の席になったら窓の外の壁に机をぶっさして勝手に隣の席(?)に移動したりします。異能力者漫画の世界でも生き残れそうなハイパーぶり。


席替え そこで一日過ごすのか……(15話「席替え」より/クリックで拡大)

 そんな熱烈な愛を受ける佐渡くんは、いつもそっけない態度。ときには森本さんと同レベルの超人的パワーを発揮し、アタックをいなし続ける日々です。たまにいなすどころかマジで“殺り”にかかっている時もありますが、森本さんには全く通じません。ハイパーだから。


阻止 言わせねーよ(3話「阻止」より/クリックで拡大)

 ちなみに佐渡くん、友人に「森本ってのはどんなヤツなんだよ?」と聞かれたときには、「ゴキブリみたいな不快さとゴキブリみたいな執着さとゴキブリみたいな生命力を兼ね備えた女だよ」と返答しており、今のところハイパー両思いになる気配は全くありません。最初は森本さんの何がそんなに不満なのかと思いますが、2話辺りで割りと佐渡くんの気持ちが分かってきてしまうのがつらいところです。森本さん、言動がいろいろとアカン。


紛失 ハムスターかな?(2話「紛失」より)

 そんな同作を描いているのは、人形さん(@ningyou5)。どんな思いで描いているのか、話を伺ってみました。

 まず、「ハイパー片思い」を描き始めたきっかけについて。2007年から緩いギャグ4コマを何作品か描いていたという同氏は、2013年に描いた漫画賞用の読みきり4コマを周りの人に読んでもらったそうです。しかし、「ギャグがイマイチ」と言われ、笑いのセンスを否定された気分になったそう。そんな悔しい思いをバネに、「全力ギャグ4コマ描いてやる」と生まれたのが、「ハイパー片思い」でした。

 また、最終話の構想について。当初はネタ切れという懸念から短期連載のつもりだったそうで、2013年時点では最終話の構想があったとのこと。しかし、読者からの「ネタ思い付いた時にぷらっと更新してほしい」という声で連載を続けた結果、キャラ2人が人間離れしすぎ、当初のオチではパンチが弱くなってしまったので新たな最終話を考えねばと頭を抱えているそうです。

 作者すら手におえないほどハイパー化してしまった、2人の結末やいかに。

関連キーワード

片思い | 4コマ漫画 | 2ちゃんねる


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/28/news108.jpg MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  4. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  5. /nl/articles/2109/28/news069.jpg 「母さんごめん。26歳になってもまだ使ってる」 家庭科で作った“ドラゴンナップザック”を社会人になっても使い続ける猛者が強い
  6. /nl/articles/2109/28/news028.jpg 美術館への侵入を試みる黒猫と、警備員の攻防戦 4年続く仲良しなやりとりに「どちらもうれしそう」「ほっこり」の声
  7. /nl/articles/2109/27/news068.jpg 母から借りたキャリーバッグの中から見つかった不気味なものとは…… 謎が謎を呼ぶ思い出を描いた漫画がゾッとする
  8. /nl/articles/2109/29/news001.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「笏」
  9. /nl/articles/2109/27/news043.jpg シンクでじっとお水を待つ猫、しかし…… 出てこない水に悲し気な姿に「悲壮感ハンパない」「けなげでかわいい」の声
  10. /nl/articles/2109/27/news061.jpg 子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」