ニュース
» 2016年06月24日 13時35分 公開

ツンツン頭のミナミイワトビペンギン 世界初の人工授精に成功! 大阪・海遊館

いっぱい仲間が増えるといいね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 大阪・海遊館で、ミナミイワトビペンギンのヒナが3羽誕生、そのうち1羽が世界初となる人工授精の成功によるものと確認されました。

大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン 人工授精で誕生したミナミイワトビペンギンのヒナ

 海遊館ではミナミイワトビペンギンの繁殖率向上を目指し、2011年から神戸大学と共同研究に取り組んできました。6年目となる今シーズンは、飼育数が多く自然繁殖の実績のある「東京・葛西臨海水族園」に協力を依頼。4月末に同園で採取した精子を海遊館まで運び、3羽のメスに人工授精を実施しました。

大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン 足元にいるのがヒナ きゃわわ!

 3羽のメスは4月下旬〜5月上旬にかけて産卵、ペアの親鳥があたためて、6月4、5、6日に3羽のヒナが誕生しました。卵の殻に付いた血液のDNA検査を行った結果、1羽が人工授精によるものと確認できたそう。絶滅危惧種「ミナミイワトビペンギン」の人工授精成功は世界初とのことで、海遊館神戸大学のニュースサイトでも報告されています。

大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン 子育てをするペア 左:メス、右:オス
大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン すごく大事に育てているそう

 現在ヒナたちは「フォークランド諸島」水槽で飼育されており、ガラス越しではない「新体感エリア」で子育ての様子を観察できます。同館のTwitterには、体重を測定される際に足をバタバタさせたり「ピーピー」と鳴いたりする、かわいらしい姿も公開されています。

(神奈川はな)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む