ニュース
» 2016年06月27日 12時37分 公開

竹原慎二「誰かの役に立つなら」 治療終了から2年、膀胱がんの闘病ブログをスタート 

第1回は「自己免疫力」について。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 元プロボクサーでタレントの竹原慎二さんが6月27日、自身のブログで闘病日記の連載をスタートさせました。

竹原慎二さんのブログ 闘病ブログをスタート(竹原慎二さんのブログより)

 竹原さんは、2014年2月に膀胱がんと診断され、同年11月に治療を終えたことを報告。闘病中は抗がん剤治療などにより、一時は体重が激減することもありましたが、現在は順調に回復。経過観察中ではあるものの、当時を振り返る余裕もできたといいます。

竹原慎二さんのブログ 2014年11月、治療を終えたことをブログで報告(竹原慎二さんのブログより)

 闘病中には、さまざまな闘病ブログを読み、それが自らの治療方法の選択に大いに役立ったという竹原さん。そこで誰かの役に立つならと、闘病ブログを始めることを決意。

 第1回は「自己免疫力」について。竹原さんのがんは、気づいた時にはかなり進行しており、手術や抗がん剤治療を行う必要がありました。そこで竹原さんは、手術後に免疫力を高めるため、手術前に「自己リンパ球」を摂取し、培養した後に自分の体に戻す「免疫療法」を実施します。中にはそういった治療法に否定的な医者もいるそうですが、竹原さんの主治医は協力的だったとのこと。いつもの竹原節で次のようにつづっています。

医者の中には「そんなもの効果があるというエビデンスがない」といって鼻で笑う者もいた
幸い現在の主治医は協力的であった
当時の僕は何かといやぁ「エビデンス エビデンス」ってうるさいんじゃ なんじゃその「エビデンス」ってやつは
それがなんだっていうんじゃ ないなら自分がそのエビデンスとやらを作ってやるわいくらいに思っていた

 最後に竹原さんは、「免疫療法にしたって手術や抗がん剤にしたってそれに頼りきってしまってはダメなのだ」と持論を展開。「あくまで医者や治療方法を利用して最後は自己治癒力で治していく ボクシングだってセコンドは最強の協力者ではあるがリングに上がってしまえば頼れるものは自分の力だけ それと同じ じゃあの。」と自らの闘病生活をボクシングに例えて語りました。

関連キーワード

ブログ | 治療 | がん | 医者 | 日記


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10