ニュース
» 2016年07月05日 12時30分 公開

八代亜紀、ディズニー/ピクサー史上初の“本人役”でカメオ出演 「抑揚がいらないといわれて……」

ドリー普通に対応しすぎぃ!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 7月16日公開予定の映画「ファインディング・ドリー」。日米著名タレントのカメオ出演も注目されている中、日本語吹き替え版に歌手・八代亜紀さんが抜てき。「こんにちは、八代亜紀です」「ああ、どうも、八代さん。助けてもらえない?」と、ドリーと普通にやりとりしちゃっています。

こんにちは、八代亜紀です こんにちは、八代亜紀です

 家族の思い出を探すため、ニモやマーリンと一緒に海の生物にとって禁断の“人間の世界”で大冒険を繰り広げるドリー。八代さんは、ドリーが迷い込む海洋生物研究所のアナウンス役として登場します。

動画が取得できませんでした

 著名なタレントが“本人役”で登場するのはディズニー/ピクサー史上初。海洋生物研究所のアナウンス役は、各国の有名スターが“本人役”で登場しており、字幕版では、女優・シガニー・ウィーヴァーが演じています。

 八代さんは同作の日本版エンドソング「アンフォゲッタブル」を歌っており、声優にも初挑戦することが明かされていましたが、まさかの本人役。作中のキャラクターが実在するタレントの名前を呼ぶ異例の取り組みに八代さんは、「監督に八代亜紀の“声”のまま淡々とした感じでと言われたんです。歌ではずっと抑揚をつけるということを何十年もしていますから、抑揚がいらないといわれてとても難しかったですね」と声優の難しさを語っています。

ファインディング・ドリー
ファインディング・ドリー

関連キーワード

八代亜紀 | 芸能人 | 声優 | ディズニー | 日本 | 映画 | Pixar | 女優


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する