ニュース
» 2016年07月08日 11時54分 公開

U.F.Oの「ヤキソバン」がまさかの復活を果たすも54歳無職からの悪落ちEND 日清の新CMに悲しみが止まらない

やはりお前だったのか……。

[コンタケねとらぼ]

 日清がカップ焼きそば「U.F.O」の新CM動画を公開し、まさかの「U.F.O仮面 ヤキソバン」が復活したと話題になっています。しかしその内容は、あまりにも予想外の展開となっていました。マジかよヤキソバン……。




動画が取得できませんでした
日清焼そばU.F.O. CM 「エクストリームZERO! 〜ヤキソバンの悲劇〜 篇」 120秒 / マイケル富岡

 ヤキソバンは、1990年代に「U.F.O」のCMに登場していたキャラクター。独特な衣装に身を包み、「ソースビーム」や「あげ玉ボンバー」などの技で戦う正義のヒーローでした。ちなみに、演じていたのはタレントのマイケル富岡さん。


ソースビーム ソースビーム!

 しかし、それから時が進んだ2016年。ヤキソバンは、54歳の無職になっていたのです。もうこの時点で哀愁がとんでもないことに。


現在 ヤキソバン……

 人々に忘れ去られたヤキソバンは、人々から“変な衣装を着た不審者”扱いしかしてもらえません。親子とすれ違えば「見ちゃいけません!」と子どもの目を隠され、学生からは笑いものにされ、胸の「U.F.O」の文字を見て「ウフォだってよ! ウフォウフォ!!」とゴリラのまねでからかわれる始末です。


親子 見ちゃいけません!


ウフォウフォ ウフォだってよ! ウフォウフォ!

 さらに、ヤキソバングッズ(当時は本当に販売されていました)は200円で売れ残り、警察には見つかった瞬間署まで同行を求められるヤキソバン。日清のオフィスビルに出向いて仕事をもらおうとするも、全員からスルーされます。とうとう、自分のグッズの寝袋で野宿生活を始めてしまいました。野宿の間、頭のなかを駆け巡るのは、息子「ソース」との思い出。つらい。


グッズ 200円(税別)


警察 ちょっと署まで


日清 日清のオフィスビル。社員総スルーである


野宿 ついに野宿生活へ


思い出 息子との思い出

 とうとう、安い居酒屋で酒に逃げ出したヤキソバン。しかし、そこで別の客たちからは、「ヤキソバマン」と間違った名前で呼ばれ続けます。我慢の限界に達したヤキソバンは、とうとうブチ切れ! トレードマークでもある頭の「U.F.O」を「焼きそばなんてこりごりなんだよぉ!」と地面にたたき付けてしまいます。


ヤキソバマン ヤキソバマン! ヤキソバマン!


こりごり 「焼きそばなんてこりごりなんだよぉ!」バシャーンッ

 「焼きそばなんて滅びてしまえばいいんだ……地球ごと滅びてしまえばいいんだぁ!」と叫び店の外に走りだしたヤキソバンは、そのまま闇に消えてしまいます。それから数10年後……なんかよく分からない悪の組織っぽい宇宙船に乗ったヤキソバンは、なんか凄そうな仮面をかぶって魔王となり動画は終わります。あ、悪落ちENDだぁ! ちなみに、仮面を渡しているのは以前「浮くU.F.O」のマジックを見せた(関連記事)Mr.マリック氏。


宇宙船 謎の宇宙船


ビーム 謎のビームでたたき割った「U.F.O」を完全に消滅させるヤキソバン


仮面 そして魔王へ……

 当時リアルタイムでヤキソバンのCMを見ていた世代としては、こんな形で復活したのはなんとも感慨深いものがあります。時の流れは残酷だ……。

 以前公開された「エクストリーム編」(関連記事)のラストで割れた仮面から一瞬マイケル富岡氏が映り、吉川晃司さん演じるソースが「ファーザー!」とつぶやいたことからヤキソバンが復活するのではないかという声もありましたが、本当にその通りになりました。果たしてこのシリーズは今後も続くのか、気になります。


動画が取得できませんでした
日清焼そばU.F.O. CM 「エクストリーム! 篇」 45秒 / 吉川晃司・水原希子


動画が取得できませんでした
日清焼そばU.F.O. CM 「エクストリーム2! 篇」 45秒 / 吉川晃司・水原希子


バトル まさかこれが元ヤキソバンだったとは……

関連キーワード

CM | 動画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  6. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  7. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  8. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
  9. /nl/articles/2402/22/news137.jpg 字をきれいに“見せる”方法が目からウロコ! 新生活スタート前に覚えておきたい4つの「美文字のコツ」とは
  10. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  7. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」