ニュース
» 2016年07月11日 14時53分 公開

EU離脱の日に出版された「1ポンド硬貨と恋に落ちてタイムトラベルするゲイ経済SF小説」が何だかすごいと話題に

ハリポタ作者「何か手に負えないものの中に笑いを見出した」。

[城川まちね,ねとらぼ]

 イギリスのEU離脱をテーマにした小説「Pounded By The Pound」を、同国の有名紙や作家たちが取り上げていることが話題になっています。

「Pounded By The Pound」 イギリスのEU離脱をテーマに書かれた「Pounded By The Pound」画像はAmazon.co.jpより)

 チャック・ティングルという、ちょっと大人な同性愛小説を中心に出版するカルト作家がEU離脱を受けて書き下ろした同作。6月24日のEU離脱支持派の勝利後に4200語、37ページの電子書籍としてリリースされました。

 主人公アレックスと生きた1ポンド硬貨のエロティック・フィクション小説で、作者いわく「ハートウォーミングストーリー・オブ・エコノミックラブ」(混乱)。イギリスのEU離脱に日常が崩壊するのを感じる主人公の前に、近未来からやってきた(ハンサムな)生きた1ポンド硬貨が現れるところから物語が動き始めます。

 1ポンド硬貨と未来にタイムトラベルするアレックスは、EU離脱で経済も治安もひどい様になったイギリスの姿を目の当たりに。そして彼らは再び過去へ戻り、必要なのは愛と叫びヨーロッパを1つにしようと揺さぶりをかけるが……というストーリー。

 同作は、すぐに英The Guardian紙や英The Independent紙に取り上げられ、「ハリー・ポッター」シリーズの作者・J.K.ローリングもTwitter上で「最終的には、私はこの何か手に負えないものの中に、笑いを見出した」と絶賛しています。

 これに対してティングルは「愛は、キスをする全てのものにとっての現実だと証明してくれてありがとう」と謝辞を述べています。

 その後ティングルは7月2日、続けて「Slammed By The Substantial Amount Of Press」も出版。今度は1ポンド硬貨ではなくて、しんぶ……ん……?

「Slammed By The Substantial Amount Of Press」 「Slammed By The Substantial Amount Of Press」(画像はAmazon.co.jpより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」