ニュース
» 2016年07月18日 09時46分 公開

「私のSNSなら無料だし」 執拗に狙われる仏女優ソフィー・マルソーのパパラッチつぶしが完璧だと話題に

11歳年下の恋人との2ショットをパパラッチされていました。

[城川まちね,ねとらぼ]

 「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」のボンドガールなどで知られる仏女優のソフィー・マルソーが熱愛をパパラッチされ、その切り返しが完璧だと話題になっています。

ソフィー・マルソー ソフィー・マルソー(画像はソフィー・マルソーのInstagramより)

 マルソーの熱愛を報道したのはフランスのゴシップ誌「Voici」。メディアにも多数出演しているスターシェフ、シリル・リニャックとマルソーの熱愛は数カ月前から何度か報道されてきましたが、それに対し本人がはっきりとコメントを出すことはありませんでした。今回パパラッチされた2人の親密な写真は表紙にも使用され、「彼らはもう、離れない」とタイトルが付けられています。

ソフィー・マルソーをパパラッチした「Voici」 ソフィー・マルソーをパパラッチした「Voici」の表紙(画像はVoiciのWebサイトより)

 これを受けてマルソーは自身のInstagramとTwitterで反撃。「何も隠すことなんてない。シリル・リニャックとソフィー・マルソーが付き合ってるのはみんな知っていること。1.6ユーロ(雑誌の価格)を払ってこんな醜い写真とバカな解説を読む必要はないし、そのお金は代わりにホームレスに恵んであげてね。小説を読んだりクロスワードパズルをやったり、それか私のSNSを見にきてくれれば無料でもっとおもしろいものがたくさんあるんだから! しっかり肝に銘じておくことね!」とかなり辛らつにパパラッチを批判しています。

Instagramでパパラッチに反撃するソフィー・マルソー Instagramでパパラッチに反撃するソフィー・マルソー(画像はソフィー・マルソーのInstagramより)

 この投稿に対しての反応は、「このまま自由を貫いてほしい」「私もあなたみたいな自由な人になりたい」「本当にどうやってパパラッチを出し抜くかよく知ってる! ブラボー!」とかなり好意的。

 長年パパラッチに執拗にねらわれてきたマルソーは、4月に「パパラッチをパパラッチした」動画をTwitter上で公開するという荒業も。フォロワーに「これは本物? フィクション?」と問われると、「これは本当に私が撮った、本物のパパラッチよ。フィクションではなく」と答えています。動画には撮影に気が付いてたじろぐパパラッチの様子が映っています。つ、強い……!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」