ニュース
» 2016年07月20日 17時29分 公開

夏休み中、安全に遊ぶように―― 一部の学校でポケモンGOに関する生徒指導が開始

Twitterで公開された、プリントによる通達が注目を集めています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 本日7月20日、多くの学校が一学期の終業式を迎えました。Twitterユーザーのつたーさん(@tutamatu)の弟さんは、学校から「ポケモンGO」のプレイについて指導するプリントを渡されてきたそうです。いよいよ教育機関も、海外における同作の熱狂を見過ごせなくなってきた?


指導プリント 弟さんが持ち帰ったというプリント(画像提供:つたーさん)

 プリントは、近日中配信とされている同作の内容と、先行配信された海外で起きている問題について概説。保護者に向けて、「まず家族一緒に自宅で試し、楽しさとともに危険性に気づかせる」「外で遊ぶ場合も、最初は家族が同伴する」といった提案がなされています。さらに子どもが約束を守れそうだと判断した場合でも、下記の条件を確認するよう注意を喚起しています。

  • 道路やさみしい所など危険な場所で遊ばない
  • 歩きながら操作しない
  • 水分補給に気をつける
  • 人の迷惑になる場所で遊ばない

 このような指導を、終業式で通達する学校もあったもよう。Twitterでは、生徒指導教諭がポケモンGOについて言及していたという報告が散見されます。同作に批判的な論調もあれば、自ら「ポケモンGOやりたい」と発言する教員もいたそうです。

 一連の指導は、教育委員会主導で組織的になされたものなのでしょうか。編集部が東京都教育庁に問い合わせたところ、「東京都の教育委員会では、SNS全般の取り扱いといった大枠での指導はしているが、特定の一企業の製品に関する指導はしていない」との回答。Twitterで見られた指導は、各現場の判断で行われたようです。

ポケモンGO

 情報が錯綜しているものの、ポケモンGOは今夏中には配信されると思われます。子どもたちが事故などに遭わないよう、安全に配慮して楽しい夏休みを過ごすことを願います。


指導プリント くれぐれも歩きスマホには注意を


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」