ニュース
» 2016年07月27日 13時30分 公開

足をケガしたペンギンに3Dプリンタで「専用のブーツ」を製作 再び歩いて泳げるように

水族館と3Dプリンタを持つ中学校が協力し実現しました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アメリカのコネチカット州にあるミスティック水族館にて、足首を負傷したペンギンのために3Dプリンタで専用のブーツを製作、それにより正常に歩いて泳げるようになるという出来事がありました。

 製作には地元の中学校と、3Dプリンタメーカーの3D Systemsが協力。YouTubeにアップされた動画では製作過程や、元気に歩くペンギンの様子を見ることができます。


Purps the Penguin: Walking Again with a 3D Printed Boot

ペンギン 3Dプリンタ ブーツ 水族館 左足首に付けられた専用ブーツ

ペンギン 3Dプリンタ ブーツ 水族館 堂々と歩くペンギン……!

 同水族館の公式ブログによると、数年前に定期検査で足首の腱を損傷しているペンギンを発見。その後はスタッフがプラスチックでブーツを作りサポートしていましたが、よりピッタリなものが作れないかと地元の中学校に協力を依頼。ミスティック中学校では研究のために3Dプリンタを持っていたため、学生がソフトやワークショップで技術を学んでいたと言います。

 さらに3D Systemsの支援もあり、新しいブーツを設計し作成。ペンギンが快適に歩けるように柔軟性がありつつも剛性を高めるため、複数の材料を使用できる3Dプリンタを使い印刷したということです。



(宮原れい)


関連キーワード

3Dプリンタ | ペンギン | 水族館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声