ニュース
» 2016年08月01日 16時00分 公開

顔写真を使ってゴジラそっくりな巨大人間になれるコンテンツ爆誕 映画「シン・ゴジラ」のCGデータなど活用

ゴジラみたいな自分が東京をうろうろ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 映画「シン・ゴジラ」の公開を記念して、Webコンテンツ「ジェネレーターコンテンツ シン・ゴジラ〜」が公開されました。同作のモーションデータなどを活用しており、自分の顔写真をアップロードすると「ゴジラ」のような巨大生物になることができます。ゴジラみたいな俺が、東京に上陸!


画像 デカい

 映画「シン・ゴジラ」は、シリーズで初めて「ゴジラ」の描写にフルCGを採用しており、動きは狂言師・野村萬斎さんからモーションキャプチャーで表現されています(関連記事)。「ジェネレーターコンテンツ シン・ゴジラ〜」はこれらのデータにより、巨大な人間のCG映像を制作します。

 アップロードした顔写真を「水着」「力士」「学生」など全6種のCGの1つに適用すると、東京湾や東京都庁、国際展示場などシリーズ作に登場した場所を「ゴジラ」のように動き回ります。なお、写真はWebカメラによる撮影も可能。


画像 「シン・ゴジラ」ではモーションキャプチャー、3DCGで「ゴジラ」を描写


画像 「シン・ゴジラ」のデータを応用した「ジェネレーターコンテンツ シン・ゴジラ〜」

 実際に筆者の顔写真で試してみましたが、「ゴジラ」にそっくりな動き、大きさの自分がビル街を歩いたり、国会議事堂を破壊したりする様子はとてつもなくシュール。完全に巨大怪獣のような何かになっちゃってるけど大丈夫なのか、自衛隊に攻撃されたら痛いんじゃないのかと少し不安になります。


画像 この写真をアップロードしたら……


画像 筆者が「ゴジラ」のように水中から現れる巨大力士に


画像 なんだこの意味不明な事態は!

 胴体部分によって輪郭や髪型が異なるため、顔の再現度は選択するキャラクターに影響されるよう。映像の一部をGIF動画として保存することもできるので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。


画像画像 同じ顔写真でもキャラクターによって印象が変わりますが、何を選んでもシュール

マッハ・キショ松


関連キーワード

写真 | モーションキャプチャ | 相撲


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響