ニュース
» 2016年08月02日 12時00分 公開

ポケモンサン・ムーンでナッシーのとんでもない新形態が公開され一瞬でクソコラグランプリが開催される事態に

魔境・アローラ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2016年11月18日発売予定の「ポケットモンスターサン・ムーン」で新たに公開された、ポケモン「ナッシー(アローラのすがた)」がとんでもないことになっていると話題です。首がとんでもない長さに伸びており、見た瞬間に笑って膝から崩れ落ちそうなインパクト。公式サイトのデータには、高さ10.9メートルという信じられない数字が書かれています。


ナッシー なんじゃこらぁっ!? (画像は商品公式サイトより)

 同作は温暖な島々からなる、「アローラ地方」が舞台。周りを海に囲まれ、1年中強い太陽が降り注ぐ「アローラ地方」ではポケモンたちが独自の生態系を築いており、さまざまなポケモンが他の地方とは違う姿を見せてくれるそう。そんななか、ナッシーはアローラ地方の太陽光をたっぷりと浴び、ものすごく縦に成長を遂げたようです。アローラの神秘マジやべぇ。


成長 育ち過ぎである

 このナッシーの画像は、公開されるとすぐにTwitter上で拡散され、あっという間に「#なっしークソコラグランプリ」が開催されるに至りました。よし、いつも通りのTwitterだな!



































































 ラテアートでおなじみのジョージさんは、カップを2つ使ってナッシー(アローラのすがた)の首の長さを演出。さらに、公式サイトのイラストにあるナッシーのしっぽ部分も別のカップで再現しています。その他にも、スカイツリーより高いナッシー(東京都のすがた)や、体が自動車になっている「カローラのすがた」、ゴンさんの伸びた髪の先端にくっついているナッシー、タオパイパイに柱代わりに投げられるナッシーなど、さまざまなクソコラやイラストが公開されています。元画像の時点で面白いこともあり、かなりレベルの高いクソコラグランプリになっていると感じました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた