ニュース
» 2016年08月02日 13時15分 公開

「真田丸」振り返り4コマ(7月31日放送分『黄昏』)

自称プロの真田幸村ファンによるNHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマをお届けします。

[シミルボン]

 自称プロの真田幸村ファン、みかめです。

 NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ、今回は7月31日放送の第30話「黄昏」から。

「真田丸」振り返り4コマ(7月31日放送分『黄昏』)

 30話は秀吉の人生の「たそがれ時」が描かれました。

 日は昇ったらあとは落ちるだけ。秀吉のワンマン経営で成り立っている豊臣政権の瓦解(がかい)も、刻一刻と迫っているのです。

 ちなみに「たそがれ時(黄昏時)」は「逢魔時」でもあり、昼間に身を潜めていた魑魅魍魎がはびこる時間でもあります。果たして秀吉……ひいては豊臣政権にとっての「魔」は誰か……!?

 一方、「彼は誰時」は夜明け前の時間。憧れの人に「私のようになるな」と言われ、己の行く道に迷う信繁。義父吉継の言葉が信繁の「夜明け」のきっかけになりそうですね。でも信繁が「武士」として花咲かせるのは、まだまだ先の話。

 昇って落ちた人と言えば、「旭将軍」こと木曽義仲。そこで今回取り上げる本は「ますらお 秘本義経記 大姫哀想歌」です。

 「ますらお」は17年前に少年サンデー誌で連載していた源義経が主人公のマンガ。屋島の戦いの手前で打ち切りとなってしまいましたが、長い年月を経てヤングキングアワーズで復活した奇跡の一作です。

 同作は本編「ますらお」のサイドストーリーとして、源頼朝の娘大姫と、木曽義仲の嫡男義高の悲恋が描かれています。同族同士の望まぬ戦い、そして離別。義仲の「黄昏」は、将軍になったときから始まっていたのかもしれませんね。

 現在、打ち切りで読むことができなかった屋島編コミックス1巻が発売中。一度落ちた(打ち切りになった)マンガも、人気と努力と運があれば復活できる。そんな希望も詰まった作品です。

 「真田丸」振り返り4コマは毎週火曜日更新する予定です。次回もどうぞお楽しみに!

みかめゆきよみ


シミルボン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」