ニュース
» 2016年08月15日 14時20分 公開

SWのR2-D2役ケニー・ベイカーさん死去 享年81歳

エピソード6ではイウォークも演じていた。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 現地時間8月13日、映画「スター・ウォーズ」シリーズでロボットのR2-D2を演じた俳優、ケニー・ベイカーさんが病没した。享年81歳。シリーズの制作を手掛けるルーカスフィルムが、公式サイト「StarWars.com」で発表している。


公式 StarWars.comの発表

 1934年8月24日、イングランドはバーミンガム生まれ。公称身長112センチで、16歳から小人症の劇団で活動を開始。1977年公開の「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」でR2-D2役に抜擢された。


R2-D2 撮影時のベイカーさん(画像はStarWars.comより)

 以降、2005年公開の「エピソード3/シスの復讐」までの6作で、小型で愛らしいロボットを好演した。「エピソード6/ジェダイの帰還」では、小柄な獣のような種族「イウォーク」としても出演。なお、最新作「フォースの覚醒」では"R2-D2コンサルタント"としてクレジットされている。

 シリーズ制作総指揮のジョージ・ルーカスさんは「ケニー・ベイカーは本物の紳士で、困難な状況でも一所懸命に働く人だった」とコメント。「いつもみんなに笑顔をもたらす才能の持ち主で、R2-D2の心と魂を体現していた。知る人は誰もが彼を惜しむでしょう」と語っている。

 この訃報を受け、Twitterでは関係者からの追悼ツイートが相次いだ。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさんは「生涯の友よさようなら。楽天さと意志の強さが大好きだった。彼こそ僕の探していたドロイドだった」とコメント。エピソード1〜3でのオビ=ワン・ケノービ役、ユアン・マクレガーさんは、「ケニーと一緒に仕事ができたのは素晴らしいことだった」と、悲しみの言葉を述べている。

 ベイカーさんとともにイウォークを演じたワーウィック・デイヴィスさんは、「巨大な心を持つ小さな男に、悲しいですが別れを告げます。彼は小さな俳優に道を開いてくれた」と、哀悼の意を示している。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む