ニュース
» 2016年08月15日 14時20分 公開

SWのR2-D2役ケニー・ベイカーさん死去 享年81歳

エピソード6ではイウォークも演じていた。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 現地時間8月13日、映画「スター・ウォーズ」シリーズでロボットのR2-D2を演じた俳優、ケニー・ベイカーさんが病没した。享年81歳。シリーズの制作を手掛けるルーカスフィルムが、公式サイト「StarWars.com」で発表している。


公式 StarWars.comの発表

 1934年8月24日、イングランドはバーミンガム生まれ。公称身長112センチで、16歳から小人症の劇団で活動を開始。1977年公開の「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」でR2-D2役に抜擢された。


R2-D2 撮影時のベイカーさん(画像はStarWars.comより)

 以降、2005年公開の「エピソード3/シスの復讐」までの6作で、小型で愛らしいロボットを好演した。「エピソード6/ジェダイの帰還」では、小柄な獣のような種族「イウォーク」としても出演。なお、最新作「フォースの覚醒」では"R2-D2コンサルタント"としてクレジットされている。

 シリーズ制作総指揮のジョージ・ルーカスさんは「ケニー・ベイカーは本物の紳士で、困難な状況でも一所懸命に働く人だった」とコメント。「いつもみんなに笑顔をもたらす才能の持ち主で、R2-D2の心と魂を体現していた。知る人は誰もが彼を惜しむでしょう」と語っている。

 この訃報を受け、Twitterでは関係者からの追悼ツイートが相次いだ。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさんは「生涯の友よさようなら。楽天さと意志の強さが大好きだった。彼こそ僕の探していたドロイドだった」とコメント。エピソード1〜3でのオビ=ワン・ケノービ役、ユアン・マクレガーさんは、「ケニーと一緒に仕事ができたのは素晴らしいことだった」と、悲しみの言葉を述べている。

 ベイカーさんとともにイウォークを演じたワーウィック・デイヴィスさんは、「巨大な心を持つ小さな男に、悲しいですが別れを告げます。彼は小さな俳優に道を開いてくれた」と、哀悼の意を示している。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」