ニュース
» 2016年08月16日 18時25分 公開

ジャスティン・ビーバーがInstagramアカウントを突然削除! ファンの誹謗中傷に激怒か

止まらない誹謗(ひぼう)中傷を受けて、「SNSを非公開にする」可能性を示唆していました。

[あいひょん,ねとらぼ]

 8月16日(日本時間)、米の歌手ジャスティン・ビーバーさんの公式Instagramアカウントが突然削除されました。これはアカウントの凍結や乗っ取りなどではなく、あまりにも多く寄せられるファンからの誹謗(ひぼう)中傷に激怒したジャスティンさんが自ら削除したと見られています。大量の批判コメントを呼んだ理由とは……?

ジャスティン・ビーバー Instagram アクセスするとこのページが表示されてしまいます(16日17時30分現在)
ジャスティン・ビーバー ジャスティン・ビーバーさん(画像は公式サイトから)

 ジャスティンさんはここ連日、交際がうわさされているモデルのソフィア・リッチーさんとの写真を何枚もInstagramに投稿していました。これが気に入らないファンも少なくはなかったようで、ジャスティンさん・ソフィアさん両名への批判コメントの投稿が続きました。

ジャスティン・ビーバー ソフィア・リッチー 「Justin Bieber Sofia Richie」で画像検索するとパパラッチされた写真が出まくる出まくる(画像はGoogle画像検索から)

 止まらない誹謗中傷にジャスティンさんも業を煮やしたようで、「SNSを非公開にする」可能性を示唆していました。そのため今回のアカウント削除はジャスティンさんが自らの意志で行ったものと考えられます。

 なおInstagramの削除には、再びログインすれば復旧できる「一時停止」と、データを全て消去し二度と復旧できない「完全な削除」の2種類があります。ジャスティンさんが「一時停止」を行っていればまた彼のSNSを見ることもできるのですが……。

ジャスティン・ビーバー Twitter ちなみに、公式Twitterは削除されていませんでした(画像は公式Twitterから)

 日本では、女優でモデルのローラさんとダンスグループ「三代目J Soul Brothers」メンバーの登坂広臣さんの交際報道から、ローラさんのInstagramが荒れるという騒動もありました(関連記事)。SNSの登場により芸能人とファンの距離が近くなったとよく言われますが、芸能人だって人間であることを忘れずに。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響