レビュー
» 2016年08月21日 11時00分 公開

ポスドクたちのリアルな声に共感 研究者を応援する同人誌「月刊ポスドク」司書メイドの同人誌レビューノート

付録の「進捗ラムネ」が気になる。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 「ポスドク」という言葉をご存じでしょうか。辞書を引いてみると、「ポストドクターの略で、博士課程を終了し、常勤研究職になる前の研究者」とありました。大学院で学んだあとも、専門機関などで研究を続ける方々ということですね。

 「白衣とか着ていらっしゃいそうでかっこいい!」と外から目線で憧れる一方で、さらに調べてみると、実情としては勤務先の多くが期限付きで、落ち着いた環境で研究を続けることができないかも……と、日本ではいろいろな問題も抱えている状態のようです。そんなポスドクさんたちのお役に立ちたいと発行されているのが、今回紹介する同人誌「月刊ポスドク」です。

今回紹介する同人誌

「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 A4 28ページ 表紙カラー 本文モノクロ


同人誌「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 明るくて元気な表紙の中で、くっきりしたクマにどきどきします。今号は非常勤講師特集です

ポスドクさんたちのリアルな手記を多数掲載

 今号の特集は非常勤講師。実際にポスドクの立場を経験した方々の手記が、詰め込み過ぎないすっきりとしたレイアウトで並んでいます。その内容は、「求職のチャンスはどこで出会ったか?」という最初の一歩から、教室で教えるための工夫、現場で着る服装まで、淡々とした書き方ながらも実に細やか。

 授業内容を身近に感じてもらうために、授業中にその場でスマホを使ってアンケートを取った事や、配布プリントは生徒が書き込むときに字がつぶれないように大きさに配慮するなど、本当にその場で困った事のある人だから出てくる体験談の数々。そのどれもが、「私はこんなことに困りました。次にあなたが困ったら、こんな方法がありますよ」と、まだ見ぬどこかのポスドクさんへのエールになっているのをひしひしと感じます。

同人誌「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 今号から「頑張る研究者をまるっと応援するマガジン」へとサブタイトルが変わったそうで、目次からも多様なアプローチがあることを見ることができます

フィールドワークでひらめいたレシピや研究者のためのカフェ情報まで

 テーマ特集以外のページでは、「青瓜の炒め煮の卵とじ」というレシピが紹介されていました。マレーシアで現地調査していたころに作ってもらった料理をヒントにして思いついたレシピで、青瓜をにんにくと鶏がらスープで炒めて卵とじにするそうです。味の決め手はオイスターソース。ほんわかおいしそうですねえ。現地調査していた時のちょっとしたエピソードも添えられ、ほっとする読後感です。よかった……ポスドクさんがおいしいものを食べていて良かった……。

 さらに2016年7月にオープンしたばかりの「研究者カフェ」のレポートも。談話スペースと個別の電源があるデスクスペースを備えていて、オーナーさんは「研究を皆で共有する場であってほしい」と願われているとか。他にも自著のPRや、勉強会の告知をする広告コーナーもあったりと、研究する人たちをサポートするぺージが続きます。

同人誌「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 文字情報がメインですが、A4サイズにゆとりをもってレイアウトしてあり、シンプルで読みやすいです

研究者さんたちに幸あれ!

 編集長さんはポスドクを経験し、今は民間の会社で研究員としてお仕事をされているとのこと。そんな方が拘られたのが「知へのアクセス権」。大学との関わりをやめてしまうと、論文雑誌へのアクセスができなくなるなど、大学にいたからこそ可能だった環境から離れざるを得なくなり、研究が進められなくなってしまう……という困窮が語られています。

 実は私は少しだけですが大学図書館で司書をしていたこともあり、そこでは学生、先生、講師と、それぞれの立場によって利用権限が違い、はっとしたことを思い出しました。今、必ずしもどこかの研究室に属していなくても、自分の知りたいことが分かるような環境を公共の図書館でも整えられたらなあ……と、ポスドクさんの体験から、司書としてのヒントをもらったようにも思いました。苦労も、楽しさも、とつとつと紡がれるポスドク語りに、「この想いを共有して、お互いに素敵な環境で研究できるといいよね!」という願いがたっぷりと込められている本です。


サークル情報

サークル名:TwiFULL Press

Twitter:@nanaya_sac@Kimihira0120@yearman@tasogarenoumi@gakeau@tsutatsuta

Webサイト:http://studio7839.net/?page_id=786

取り扱い:TwiFULL Press通販部(booth内)

連絡先:@nanaya_sac


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 「月刊ポスドク」さんを手にしたらおまけがついてきました。その名も「進捗ラムネ」。黒のコースターは第4号につけられた活版のコースターです。かっこいい! 進捗どうですか、と気になりますが、あまり根をつめないで、お茶でもいかかですかー……と、メイドは深夜のお茶会の開催となったのでした

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」