レビュー
» 2016年08月21日 11時00分 公開

ポスドクたちのリアルな声に共感 研究者を応援する同人誌「月刊ポスドク」司書メイドの同人誌レビューノート

付録の「進捗ラムネ」が気になる。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 「ポスドク」という言葉をご存じでしょうか。辞書を引いてみると、「ポストドクターの略で、博士課程を終了し、常勤研究職になる前の研究者」とありました。大学院で学んだあとも、専門機関などで研究を続ける方々ということですね。

 「白衣とか着ていらっしゃいそうでかっこいい!」と外から目線で憧れる一方で、さらに調べてみると、実情としては勤務先の多くが期限付きで、落ち着いた環境で研究を続けることができないかも……と、日本ではいろいろな問題も抱えている状態のようです。そんなポスドクさんたちのお役に立ちたいと発行されているのが、今回紹介する同人誌「月刊ポスドク」です。

今回紹介する同人誌

「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 A4 28ページ 表紙カラー 本文モノクロ


同人誌「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 明るくて元気な表紙の中で、くっきりしたクマにどきどきします。今号は非常勤講師特集です

ポスドクさんたちのリアルな手記を多数掲載

 今号の特集は非常勤講師。実際にポスドクの立場を経験した方々の手記が、詰め込み過ぎないすっきりとしたレイアウトで並んでいます。その内容は、「求職のチャンスはどこで出会ったか?」という最初の一歩から、教室で教えるための工夫、現場で着る服装まで、淡々とした書き方ながらも実に細やか。

 授業内容を身近に感じてもらうために、授業中にその場でスマホを使ってアンケートを取った事や、配布プリントは生徒が書き込むときに字がつぶれないように大きさに配慮するなど、本当にその場で困った事のある人だから出てくる体験談の数々。そのどれもが、「私はこんなことに困りました。次にあなたが困ったら、こんな方法がありますよ」と、まだ見ぬどこかのポスドクさんへのエールになっているのをひしひしと感じます。

同人誌「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 今号から「頑張る研究者をまるっと応援するマガジン」へとサブタイトルが変わったそうで、目次からも多様なアプローチがあることを見ることができます

フィールドワークでひらめいたレシピや研究者のためのカフェ情報まで

 テーマ特集以外のページでは、「青瓜の炒め煮の卵とじ」というレシピが紹介されていました。マレーシアで現地調査していたころに作ってもらった料理をヒントにして思いついたレシピで、青瓜をにんにくと鶏がらスープで炒めて卵とじにするそうです。味の決め手はオイスターソース。ほんわかおいしそうですねえ。現地調査していた時のちょっとしたエピソードも添えられ、ほっとする読後感です。よかった……ポスドクさんがおいしいものを食べていて良かった……。

 さらに2016年7月にオープンしたばかりの「研究者カフェ」のレポートも。談話スペースと個別の電源があるデスクスペースを備えていて、オーナーさんは「研究を皆で共有する場であってほしい」と願われているとか。他にも自著のPRや、勉強会の告知をする広告コーナーもあったりと、研究する人たちをサポートするぺージが続きます。

同人誌「月刊ポスドク2016年8月号(第5号)」 文字情報がメインですが、A4サイズにゆとりをもってレイアウトしてあり、シンプルで読みやすいです

研究者さんたちに幸あれ!

 編集長さんはポスドクを経験し、今は民間の会社で研究員としてお仕事をされているとのこと。そんな方が拘られたのが「知へのアクセス権」。大学との関わりをやめてしまうと、論文雑誌へのアクセスができなくなるなど、大学にいたからこそ可能だった環境から離れざるを得なくなり、研究が進められなくなってしまう……という困窮が語られています。

 実は私は少しだけですが大学図書館で司書をしていたこともあり、そこでは学生、先生、講師と、それぞれの立場によって利用権限が違い、はっとしたことを思い出しました。今、必ずしもどこかの研究室に属していなくても、自分の知りたいことが分かるような環境を公共の図書館でも整えられたらなあ……と、ポスドクさんの体験から、司書としてのヒントをもらったようにも思いました。苦労も、楽しさも、とつとつと紡がれるポスドク語りに、「この想いを共有して、お互いに素敵な環境で研究できるといいよね!」という願いがたっぷりと込められている本です。


サークル情報

サークル名:TwiFULL Press

Twitter:@nanaya_sac@Kimihira0120@yearman@tasogarenoumi@gakeau@tsutatsuta

Webサイト:http://studio7839.net/?page_id=786

取り扱い:TwiFULL Press通販部(booth内)

連絡先:@nanaya_sac


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 「月刊ポスドク」さんを手にしたらおまけがついてきました。その名も「進捗ラムネ」。黒のコースターは第4号につけられた活版のコースターです。かっこいい! 進捗どうですか、と気になりますが、あまり根をつめないで、お茶でもいかかですかー……と、メイドは深夜のお茶会の開催となったのでした

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」