ニュース
» 2016年08月23日 12時15分 公開

「真田丸」振り返り4コマ(8月21日放送分『動乱』)

自称プロの真田幸村ファンによるNHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマをお届けします。

[シミルボン]

 自称プロの真田幸村ファン、みかめです。

 NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ、今回は第33話の「動乱」から。

「真田丸」振り返り4コマ

 家康を豊臣政権から廃するため、徳川屋敷に討ち入りをしようとする三成。

 しかし家康家臣・本多正信はこの情報を聞きつけ、三成討ち入りを逆手に取り、いざというとき誰が徳川家に尽くすか確かめる判断材料にします。

 そして多くの武将が自分の下に集まったことで家康がようやく天下取りを決意。家康が腹を決めたときの、本多正信のうれしそうな顔が印象的でしたね。

 一方の三成。家康を討つと腹を決めたはいいものの、味方してくれる人はごく一部のみ。秀吉の遺言にかたくなになるあまり、引くに引けない状況に陥ります。

 そんな三成を止めるにはどうしたらいいのか!? 信繁が取った行動は……

困ったときの昌幸頼み!

 小田原の陣における忍城攻め以降、三成は昌幸を軍略の師匠と仰いでいます。そんな昌幸に見放されたら戦意喪失するに違いありません。

 というわけで三成を助けるために家康陣営に入り込んだ昌幸。血気にはやる若造をまとめ軍議を仕切るついでに、家康暗殺の件もちゃっかりはぐらかしてしまいます。さすがの謀略。一粒で二度おいしい。三成も昌幸を師と仰ぐなら、こういうところを見習わなくちゃ!

 さて、今回取り上げる書籍は「白頭の人」です。

白頭の人

 今回注目すべき人物は大谷吉継。友として、石田三成の行動をいさめつつ、徳川の屋敷に入り、「私は秀頼様の家臣である」と釘を刺しました。片岡愛之助の歌舞伎調の語り口もグッときましたね。名将に相応しい彼ですが、実は詳細な史料が残っておらず謎に包まれた人物でもあります。だからこそ創作のしがいがあるというもの。「軍配者」シリーズの富樫倫太郎によって描かれたが等身大の大谷吉継。大河とともにいかがでしょうか?

 「真田丸」振り返り4コマは毎週火曜日更新する予定です。次回もどうぞお楽しみに!

みかめゆきよみ


シミルボン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響