ニュース
» 2016年08月24日 19時25分 公開

これが新しい古典? BBCが「21世紀の偉大な映画ベスト100」を発表、邦画では「千と千尋の神隠し」が4位に

やはり1位にはあの鬼才が。

[城川まちね,ねとらぼ]

 イギリスのBBCが「21世紀の偉大な映画ベスト100」を発表しました。日本映画からは宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が4位に選ばれています。

「21世紀の偉大な映画100」4位は「千と千尋の神隠し」 アニメではトップ(画像はAmazon.co.jpより)

 1位に選ばれたのはデヴィッド・リンチ監督による2001年公開の「マルホランド・ドライブ」。2位はウォン・カーウァイ監督の「花様年華」(2000年公開)、3位はアプトン・シンクレア監督「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007年公開)が選ばれています。

 また、今年のアカデミー賞で最多6部門を受賞したジョージ・ミラー監督の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(関連記事)は19位。さらに東京が舞台となったソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」(2003年公開)が22位、ヒース・レジャーの遺作であるクリストファー・ノーラン監督「ダークナイト」(2008年公開)が33位にランクインしています。

「21世紀の偉大な映画100」1位はデヴィッド・リンチ監督作品 1位は鬼才デヴィッド・リンチの傑作「マルホランド・ドライブ」(画像はデヴィッド・リンチ監督のFacebookより)

 BBCは2015年にも「アメリカの偉大な映画ベスト100」を発表していますが、このときは2000年以降の映画が6つしかランクインしていなかったため、今回、新聞や雑誌、Webサイトの批評家や映画キュレーターなど、南極をのぞく世界中から177の回答を得て21世紀のベスト100映画のリストを作成したとしています。「ゴッドファーザー」や「ゲームの規則」「七人の侍」「市民ケーン」といった古典に代わる、新しい古典としてこれらの作品が認識されていくのかもしれませんね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」