ニュース
» 2016年08月30日 13時45分 公開

「真田丸」振り返り4コマ(8月28日放送分『挙兵』)

自称プロの真田幸村ファンによるNHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマをお届けします。直江状! 直江状! 直江状!

[シミルボン]

 自称プロの真田幸村ファン、みかめです。

 NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ、今回は第34話の「挙兵」から。

「真田丸」振り返り4コマ(8月28日放送分『挙兵』)

 待ってました、直江状!

 イケボを遺憾なく発揮し読み上げた「直江状」。これは誰が受け取ってもブチ切れて挙兵するでしょう。一方、徳川の軍勢が不在の上方では、この機に乗じて反徳川派が反撃ののろしを挙げます。いよいよ関ヶ原の戦いが迫っていますね。

 そのころ主人公は……ほれっぽくて思い込みが激しい春ちゃん、「不穏、大好き!」と逆境でアドレナリン放出しまくりのきり、触れる者みな地獄行きの茶々に囲まれ、相変わらずうれしくないモテ方をしているのでありました。

 とまぁそんな女難の相はさておき、家康からの勧誘を即断ったり、三成の居場所を山崩しをしながらはぐらかせたり、上杉景勝を勝たせるために父親を担いだり、真田らしい活躍が際立つ回でした。関ヶ原の戦いまでの狂言回しであった三成が一線を引き、いよいよ信繁が本領を発揮しつつあります。

 次回は三者三様の思いが入り交じる「犬伏」。どうやら従来通りの「真田の生き残りのために家を分ける」という展開にはならなそうです。

 さて、今回取り上げる書籍は「密謀」です。

密謀

 直江兼続と上杉景勝に焦点を当てた藤沢周平の時代小説です。関ヶ原前後を中心にして物語が進むので今まさに読むべき一冊。もちろん直江状も登場します!

 義を掲げつつも、知略と謀略を尽くし、いかにして上杉家は家を存続させたのか。きれいなだけではない兼続の活躍も、「真田丸」に通ずるところがあるのではないでしょうか。主に江戸時代を題材にした作品が多い藤沢周平の異色の一作です。

 「真田丸」振り返り4コマは毎週火曜日更新する予定です。次回もどうぞお楽しみに!

みかめゆきよみ

シミルボン

関連キーワード

4コマ漫画 | NHK | 大河ドラマ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響