ニュース
» 2016年08月30日 18時22分 公開

ジャスティン・ビーバーがInstagram復活でファン歓喜! 直後に再閉鎖の絶望スタイル

日本滞在中の写真が熱狂的なファンを興奮させてしまった。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米ミュージシャンのジャスティン・ビーバーが、閉鎖したInstagramのアカウントを復活させたとジャスティン・ビーバー日本版公式Twitterが通知しました。よかった! とファンが歓喜したと思ったら、すぐにまた閲覧できない状態に。どうやらアカウントの復活は手違いだったようで、ビーバーは「まだInstagramはなし。あれはアクシデントだった」とツイートしています。がっかり……。

ジャスティン・ビーバーとソフィア・リッチー アカウント閉鎖のきっかけとなったソフィア・リッチーとの写真、現在はまだ閉鎖中(画像はジャスティン・ビーバーのInstagramより)

 ビーバーがアカウントを閉鎖したのは、モデルのソフィア・リッチーと日本滞在を楽しむ写真を数枚投稿したことが原因。嫉妬に駆られたのか、リッチーに対しひどいコメントを書きこむファンが続出しました(関連記事)。

 怒ったビーバーは「手に負えないヘイトをやめないのなら、アカウントを閉じるよ」と宣言。すると元恋人で女優・ミュージシャンのセレーナ・ゴメスがこれに反応し、「もしヘイトが手に負えないなら、恋人との写真は投稿するべきじゃないわ。これはあなたと彼女の間の特別なことなんだから。ファンに怒らないで。彼らはあなたを愛しているし、支えてきてくれたでしょ」とアドバイスを書き込みましたが、これがかえって決定打になってしまったのか、ビーバーは本当にアカウントを閉じてしまうことに。

セレーナ・ゴメス セレーナ・ゴメスのアドバイスは逆効果だったのか……?(画像はセレーナ・ゴメスのInstagramより)

 アカウントの復活後、問題となった投稿のコメント欄は早速活発化していました。「お願い、もう2度と彼を失いたくないから、みんなコメントを書き込まないで!」とビーバーの帰還を待ち望んでいたと思われるファンのコメントや、「別に彼がまたアカウントを消しても構わない。セレーナが言ってたのは本当のこと」とクールな態度のファンも。

 いずれにしても結局はアクシデントだった束の間の復活。しかしTwitter上でビーバーは「“まだ”Instagramはなし」、と言っているので、このまま完全に閉鎖するわけではないと信じています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐