ニュース
» 2016年08月30日 18時22分 公開

ジャスティン・ビーバーがInstagram復活でファン歓喜! 直後に再閉鎖の絶望スタイル

日本滞在中の写真が熱狂的なファンを興奮させてしまった。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米ミュージシャンのジャスティン・ビーバーが、閉鎖したInstagramのアカウントを復活させたとジャスティン・ビーバー日本版公式Twitterが通知しました。よかった! とファンが歓喜したと思ったら、すぐにまた閲覧できない状態に。どうやらアカウントの復活は手違いだったようで、ビーバーは「まだInstagramはなし。あれはアクシデントだった」とツイートしています。がっかり……。

ジャスティン・ビーバーとソフィア・リッチー アカウント閉鎖のきっかけとなったソフィア・リッチーとの写真、現在はまだ閉鎖中(画像はジャスティン・ビーバーのInstagramより)

 ビーバーがアカウントを閉鎖したのは、モデルのソフィア・リッチーと日本滞在を楽しむ写真を数枚投稿したことが原因。嫉妬に駆られたのか、リッチーに対しひどいコメントを書きこむファンが続出しました(関連記事)。

 怒ったビーバーは「手に負えないヘイトをやめないのなら、アカウントを閉じるよ」と宣言。すると元恋人で女優・ミュージシャンのセレーナ・ゴメスがこれに反応し、「もしヘイトが手に負えないなら、恋人との写真は投稿するべきじゃないわ。これはあなたと彼女の間の特別なことなんだから。ファンに怒らないで。彼らはあなたを愛しているし、支えてきてくれたでしょ」とアドバイスを書き込みましたが、これがかえって決定打になってしまったのか、ビーバーは本当にアカウントを閉じてしまうことに。

セレーナ・ゴメス セレーナ・ゴメスのアドバイスは逆効果だったのか……?(画像はセレーナ・ゴメスのInstagramより)

 アカウントの復活後、問題となった投稿のコメント欄は早速活発化していました。「お願い、もう2度と彼を失いたくないから、みんなコメントを書き込まないで!」とビーバーの帰還を待ち望んでいたと思われるファンのコメントや、「別に彼がまたアカウントを消しても構わない。セレーナが言ってたのは本当のこと」とクールな態度のファンも。

 いずれにしても結局はアクシデントだった束の間の復活。しかしTwitter上でビーバーは「“まだ”Instagramはなし」、と言っているので、このまま完全に閉鎖するわけではないと信じています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ