ニュース
» 2016年08月30日 20時23分 公開

「飛騨市始まりすぎてる」とネット騒然 飛騨市図書館の「官能小説朗読ライブ」担当者に開催の意図を聞いた

意外にも反対する声はほとんどなかったそう。

[Key,ねとらぼ]

 岐阜県・飛騨市にある飛騨市図書館で8月27日、3人の図書館司書が官能小説を朗読するイベント「官能小説朗読ライブ」が行われました。Twitterやネットなどでも「何これ面白そう」「飛騨市始まりすぎてる」などと話題になった同イベント、なぜ開催しようと思ったのか、実際に官能小説を朗読した担当者にお話を聞きました。



 イベントでは、館長の西倉幸子さんが「刺青」(谷崎潤一郎)を、図書館司書の堀夏美さんが「短篇集H」(姫野カオルコ)から「正調・H物語」、同じく司書の村田萌さんが「溺レる」(川上弘美著)から「可哀相」をそれぞれ朗読。当日はおよそ70人が集まり、中には愛知や三重など遠いところから来た人や、さらには飛騨市長の姿もあったそうです。


飛騨市図書館で官能小説朗読ライブ飛騨市図書館で官能小説朗読ライブ 当日はおよそ70人が参加

飛騨市図書館で官能小説朗読ライブ飛騨市図書館で官能小説朗読ライブ 静かな雰囲気の中、皆真剣に朗読を聞いてくれていたそう

 同館では定期的にこうした朗読イベントを行っていますが、なぜよりによって「官能小説朗読ライブ」を行おうと思ったのか。実際に本を読んだ堀さんに聞いたところ、「官能小説というキャッチーな題材を扱うことで、多くの人が図書館に足を運んでくれると思いました」とのこと。また、反対意見はなかったか聞くと、事前に飛騨市の教育委員会に確認をとったところ「ぜひやってみて」と、意外にも開催に対しては前向きだったそうです。公に告知をしてから、ネットで話題になったことで多少の批判もありましたが、図書館に直接の問い合わせはなどはなく、「思っていたよりも反対する声は少なかった」と堀さん。当日の雰囲気も非常に静かで、参加した人たちは皆真剣に朗読を聞いてくれていたそうです。

 飛騨市図書館は官能小説を1つの文学と捉えているとのこと。開催後、Twitterでは「文化的なよいイベントだったな」「面白い朗読会ありがとうございました」など、実際に参加したと思われる感想ツイートもちらほらと投稿されていました。


(Key)


関連キーワード

朗読 | 図書館 | イベント | 教育委員会 | 文学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン