ニュース
» 2016年09月01日 11時25分 公開

マック「月見バーガー」の時期に動き出すブログの愛がとてつもないと話題に 2015年は35日間で70個完食

2016年も“活動”が始まっています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 8月31日より、マクドナルドで「月見バーガー」と「満月チーズ月見」の販売が始まりました(関連記事)。この時期を楽しみに待っていたという人は多いと思いますが、あるブログの管理人が楽しみにしていたどころの騒ぎでは収まっていないと話題になっています。そのブログが、月見バーガーと結婚するための101の方法


トップページ ブログ「月見バーガーと結婚するための101の方法」

 このブログはひたすらに月見バーガーを愛し、ひたすらに月見バーガーを食べ続けるというもの。その趣旨は終始一貫しており、月見バーガーと関係のない話題は皆無。それどころか、月見バーガーを販売していない時期はブログの更新自体がなくなる徹底ぶりです。

 記事の内容も、月見バーガーの魅力とうまさを語り、そして食べる。ただひたすらにそれだけ。“食べる”と言ってもその頻度が尋常ではなく、2015年は販売期間である35日間で59月見バーガー+11北海道チーズ月見バーガー=70月見を完食しています。1日2個ペース……!


2015年 2015年の締めくくり記事。圧巻の70月見

 ブログ記事の文章からは、月見バーガーに対するあまりにも深い愛が伝わってきます。例えば、2016年の初月見実食記事の冒頭部分は、以下の通り。

もう一日中何をしてても月見のことで頭がいっぱいで逆にお腹が減らずに困りましたがとにかく月見バーガーに会えたこの日に感謝………………………………………(祈

とにかく1つ目は誰がなんと言おうとゼッッッタイ月見バーガーちゃんにすると決めておりましたのでノーマル月見バーガーちゃん!!!!!!

もう……………噛み締めた瞬間染み渡るこの月見の味……………

なに……………この味なんていうの……………幸せってこういう味がするの……………?????????

 こんな感じの文章が、あと20行ぐらい続きます。すごい。圧倒的な愛。重い。愛が重い。でも相手は食べ物なので愛を受け止めてくれる。すごい。相思相愛。

 同ブログが開設されたのは2011年12月で、本格的な「食レポ」が始まったのは2012年9月からとなります。ちなみに、2012年は65月見を完食したもよう。

 また、いくつか記事を見てみたところ、期間限定だから食べているというわけではなく、月見バーガーをレギュラーメニューにしてほしいと思っているそう。月見バーガーと似た「エグチ」や「たまごダブルマック」は好きだけど月見バーガーには勝てない、とも語っています。

 これだけ食べているとカロリーが気になりますが、毎年この時期は少し太っていたものの、2015年は1キロも増やすことなく終えられたそうです。「月見バーガーは悪くない!」とのこと。


月見バーガー 2016年の「月見バーガー」と「満月チーズ月見」

 果たして、2016年は何月見を完食することになるのでしょうか。ぜひこれからも、この愛を貫き続けてほしいものです。だんだん、こっちも月見バーガーが食べたくなってきました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響