ニュース
» 2016年09月02日 19時34分 公開

Fukase「親の影響があるのかもしれない」 SEKAI NO OWARIが動物殺処分ゼロプロジェクトを立ちあげ

「自分がやれることで誰かが喜んでくれるのは楽しい」とFukaseさん。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 先日メジャーデビュー5周年を迎えた人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI」が、動物殺処分ゼロ活動を支援するプロジェクト「ブレーメン」を立ちあげ、ファンドレイジングサイト「JapanGiving」で寄付を募っています。

目指せ動物殺処分ゼロ SEKAI NO OWARIが動物殺処分ゼロを目指すプロジェクト「ブレーメン」を発足(画像はジャパンギビングより)

 動物の殺処分ゼロを目指した保護・譲渡活動などを行う認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンと連携して行うもの。2011年度に犬猫の殺処分数ワーストを記録した広島県を拠点として展開しており、2016年4月以降同県での犬の殺処分ゼロをも維持しています。SEKAI NO OWARIのメンバーも5月にNPOの施設を訪れ、殺処分の現状や課題などを認識、支援プロジェクトを立ち上げました。

 プロジェクトの公式サイトJapanGiving内のページでは、殺処分される動物を保護するシェルターや譲渡スペース施設の建設を目的に、500円からの寄付を募っているほか、SEKAI NO OWARIが10月5日に発売予定のシングルCDに収録の楽曲「Hey Ho」から生じる収益金の一部を寄付するとのこと。10月8日、9日には東京国際フォーラムで支援公演も予定しています。

動物殺処分ゼロ支援プロジェクト ブレーメン 公式サイトにはピースワンコ・ジャパンのリーダーとの対談も(画像はプロジェクト「ブレーメン」より)

 プロジェクトの公式サイトでは、ピースワンコ・ジャパンのリーダーである大西純子さんとの対談も掲載されています。対談の中でFukaseさんは動物の殺処分というテーマと向きあおうとした理由を「親の影響があるのかもしれない」「自分がやれることで誰かが喜んでくれるのは楽しい」などと話しています。

 SEKAI NO OWARIは以前も孤児を支援するプロジェクトに賛同したり、熊本地震で被災した農園主らが結成した「南阿蘇ふるさと復興ネットワーク」にも寄付金を贈るなどしていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する