ニュース
» 2016年09月02日 20時10分 公開

これが「海の豚」か! 見た目が不思議すぎる深海生物「センジュナマコ」がすごいインパクト

あふれるキモかわいさがたまらない。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 海洋学者の@Hayato_1117さんが水深6000メートルから採れたセンジュナマコの画像をツイートし、そのインパクトのある見た目から「豚だ」「かわいい」「プルプルしたい」「新しいポケモン」などと話題になっています。確かにとめどない豚感があふれてる……。

センジュナマコ 本当に豚みたい……!

センジュナマコ いっぱい採れてる!

 センジュナマコは、豚のような見た目そのままに、英名では「sea pig」と言われます。直訳すると「海の豚」(分かりやすい……)。ナマコにしては脚がいっぱいある見た目も特徴的で、和名は千手観音にちなんで付けられたそうです。

 大きさは手のひらに乗る程度で、触った感じは「ぷよぷよの水風船みたい」とのこと。また、脚のようなものは、ウニやヒトデなども持つ管足(かんそく)という器官で、内部に液体が入って伸び縮みさせて動くのだとか。頭からツノのように出ているものも触角やツノではなく管足です。


 この深海ロマンあふれる不思議生物センジュナマコを、どのような経緯で採取したのか、@Hayato_1117さんに伺いました。

━━採取した地点はどの海域でしょうか

 日本の北東に位置する千島列島のシムシル島沖水深6000メートルの海底です。ドイツの海洋調査船ゾンネ号(RV SONNE)による調査航海中、深夜のトロール(船で網を引いて深海底の魚介類をとる底引き網)で採れました。


━━採取したあとはどのように生かすのですか

 採集した生物は学術標本として博物館等で保管され、主に分類学的研究に利用される予定です。この調査によって、千島海溝の深海〜超深海(水深5000〜9500メートル)に生息する生物相を明らかにすることを目指しています。

━━今回の国際海洋調査はどのくらいの規模で行われているのですか

 ドイツとロシアを中心に、日本、フランス、ポーランド、韓国とさまざまな国から計40人の研究者が調査に参加しています。調査期間は40日の予定です。


 ちなみに、@Hayato_1117さんが、同乗しているウニ担当のロシア人研究者に聞いたところによると、センジュナマコは食べてもおいしくないそうです。


その他、調査での珍しい画像などをツイートされていて、深海の神秘を届けています

画像提供:@Hayato_1117さん

関連キーワード

調査 | 研究者 | Twitter | キモかわいい


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響