ニュース
» 2016年09月09日 16時45分 公開

しょこたん&平野綾がヘビメタ「モスラ」を熱唱 よしこれで「シン・モスラ」を呼び出そう!

「ザ・ピーナッツ」トリビュート・アルバムで。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 往年の双子アイドルデュオ、ザ・ピーナッツの名曲を現代の女性アーティストたちがカバーしたアルバム「THE PEANUTS -TRIBUTE SONGS-」がリリースされました。ザ・ピーナッツといえば忘れられない「モスラの歌」を、中川翔子さんと平野綾さんという絶妙なコンビが歌い上げています。もうこれで「シン・モスラ」撮ろうよ。

しょこたん&平野綾が「モスラの歌」(公式サイトより) しょこたん&平野綾でヘビメタ・モスラ(公式サイトより)

 今回は原曲をヘビーメタル調にアレンジ。中川さんと平野さんによる劇中さながらのせりふを交えながらノリノリの美声を響かせています。どんなモスラが呼び出されるのか。


 「モスラの歌」は、1961年公開の怪獣映画「モスラ」でザ・ピーナッツの2人が身長30センチの小美人に扮(ふん)して歌った劇中歌。架空の島インファント島の現地語という設定による意味不明な歌詞が印象的で、世代を超えた知名度を誇る1曲。作曲は「六甲おろし」や「栄冠は君に輝く」などと同じ古関裕而さんが手掛けています。

ジャンル、世代を超えた女性アーティストがザ・ピーナッツの名曲をカバー 世代を超えた女性アーティストたちが名曲をカバー(公式サイトより)

 ほかにも、ファンク・ザ・ピーナッツによる「恋のバカンス」、ももいろクローバーZ(百田夏菜子&玉井詩織)による「恋のフーガ」、相田翔子さんと森高千里さんによる「情熱の花」など、ジャンル、世代を超えたコンビによるザ・ピーナッツ・ナンバーが収録されています。


ADAKEN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響