ニュース
» 2016年09月09日 16時45分 公開

しょこたん&平野綾がヘビメタ「モスラ」を熱唱 よしこれで「シン・モスラ」を呼び出そう!

「ザ・ピーナッツ」トリビュート・アルバムで。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 往年の双子アイドルデュオ、ザ・ピーナッツの名曲を現代の女性アーティストたちがカバーしたアルバム「THE PEANUTS -TRIBUTE SONGS-」がリリースされました。ザ・ピーナッツといえば忘れられない「モスラの歌」を、中川翔子さんと平野綾さんという絶妙なコンビが歌い上げています。もうこれで「シン・モスラ」撮ろうよ。

しょこたん&平野綾が「モスラの歌」(公式サイトより) しょこたん&平野綾でヘビメタ・モスラ(公式サイトより)

 今回は原曲をヘビーメタル調にアレンジ。中川さんと平野さんによる劇中さながらのせりふを交えながらノリノリの美声を響かせています。どんなモスラが呼び出されるのか。


 「モスラの歌」は、1961年公開の怪獣映画「モスラ」でザ・ピーナッツの2人が身長30センチの小美人に扮(ふん)して歌った劇中歌。架空の島インファント島の現地語という設定による意味不明な歌詞が印象的で、世代を超えた知名度を誇る1曲。作曲は「六甲おろし」や「栄冠は君に輝く」などと同じ古関裕而さんが手掛けています。

ジャンル、世代を超えた女性アーティストがザ・ピーナッツの名曲をカバー 世代を超えた女性アーティストたちが名曲をカバー(公式サイトより)

 ほかにも、ファンク・ザ・ピーナッツによる「恋のバカンス」、ももいろクローバーZ(百田夏菜子&玉井詩織)による「恋のフーガ」、相田翔子さんと森高千里さんによる「情熱の花」など、ジャンル、世代を超えたコンビによるザ・ピーナッツ・ナンバーが収録されています。


ADAKEN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声