ニュース
» 2016年09月12日 18時52分 公開

「玉ねぎしか売ってません」 “生ける廃墟”と話題の巨大モールがどうしてこうなったのか聞いてみた

周辺にはイオンなどの大型商業施設があるのです。

[イッコウ,ねとらぼ]

 テナントはたまねぎの無人販売所のみ、そんな岐阜県本巣市にあるショッピングセンター「LCワールド本巣」本館1階の様子がTwitterで話題に。Twitterユーザーの「よごれん(@yogoren)」さんはその様子を「生ける廃墟っぷりがすごい」とツイートしています。


LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ 入り口はこんな感じ

LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ がらんとした店内

LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ 玉ねぎだけが売っています(横にはカプセルトイの販売機もあるようです)

 現在もLCワールド本巣の別館では複数の店舗が運営しているものの、本館には地元スーパー「トミダヤ」の1テナントのみ。しかし数年前は、およそ6000坪ある本館の売り場面積に100店近くのテナントが集まっていました。かつては活気があふれるショッピングセンターでしたが、周辺にイオンなどの大型商業施設ができたことも影響し、徐々にテナントが減っていったようです。


LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ 「イオンモール大垣」は車で約30分の距離に

LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ 同じ本巣市にあるショッピングセンター「モレラ岐阜」は車で約15分ほどの距離にあります

 たまねぎは一玉100円で売られていますが、よごれんさんがLCワールドを訪れた時に無人販売所に備え付けられた透明の「お会計箱」にはお金が入っていませんでした。よごれんさんは「そもそも開いてる入口は1カ所のみで、駐車場に車は1台もおらず、誰も営業しているとは思わない」とその時の気持ちを語っています。

 「トミダヤ」の担当者は撤退しない理由について「契約が残っているため撤退できない」と説明しており、契約期間終了後撤退するかどうか等については、現在もLCワールド本巣と協議中とのこと。また、たまねぎを販売する理由については「無人でも品質管理がしやすいため」と説明しています。

 LCワールド本巣と同じく、“活気を失ったショッピングモール”として2014年に話題となった滋賀県のショッピングモール「ピエリ守山」は、ネットで話題となった事で知名度が上昇する等の影響もありました。このLCワールドも、今回話題となったことでなんらかの好影響が出るのかもしれません。

画像提供 よごれん(@yogoren)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響