ニュース
» 2016年09月13日 14時00分 公開

BPO「放送倫理上重大な問題があった」 2014年放送の世田谷一家殺害事件特番

元FBI捜査官に賛同しているかのような恣意的な編集が行われていました。

[ねとらぼ]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)は、2014年12月28日にテレビ朝日で放送された「世紀の瞬間&未解決事件 日本の事件スペシャル『世田谷一家殺害事件』」について「放送倫理上重大な問題があった」との見解を発表しました



 同番組は2000年12月30日深夜に発生した世田谷の一家殺害事件を扱ったもので、番組への申し立てを行ったのは事件当時隣に住んでいたという被害者遺族の1人。申立人は“被害者の顔見知りの犯行であること”や“犯人は被害者に強い恨みを持つこと”などを否定していましたが、番組中に登場するFBIの元捜査官は犯人像を「被害者家族の顔見知り」「強い怨恨を抱いている人物」と見立てており、本来食い違うはずの両者の見解を「面談場面での恣意(しい)的な編集などにより(元捜査官に)賛同しているかのような形で放送された」として人権侵害があったことを主張していました。

 BPOは、人権侵害には当たらないものの、元捜査官に賛同していると受け取られる可能性が高い内容で「放送倫理上重大な問題があった」と判断。申立人の考えや被害者遺族であることを配慮する必要があることを理解していたにもかかわらず、誤解を招きかねない形で制作を行っていたと指摘し、今後は放送倫理の順守をさらに徹底するよう勧告しています。



関連キーワード

モラル | FBI | テレビ朝日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた