ニュース
» 2016年09月23日 23時24分 公開

元受刑者を受け入れた地方都市を描く「羊の木」錦戸亮主演で実写映画化! 原作と全く異なるエンディングに

あなたの街のあの人は、もしかしたら「凶悪犯罪者」かもしれない。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 元受刑者たちの受け入れを決めた地方都市を描き、“問題作”と称された原作・山上たつひこ、作画・いがらしみきおの漫画「羊の木」が、関ジャニ∞の錦戸亮さん主演で2018年に実写映画化されることが明かされました。

「羊の木」映画化決定 「凶悪犯罪者の極秘の社会復帰」を描いた「羊の木」が実写映画化 

 財政難と過疎に悩む地方都市「魚深市」が、元受刑者たちを受け入れたことで起こる違和や不信、不安を描いた同作。「がきデカ」「ぼのぼの」などのギャグ作品から「光る風」「I(アイ)」のような不条理・違和感を描いた作品まで、振れ幅の大きな作品を世に送り出した2人のコンビ作は、日常に隠れた狂気を悲劇的で喜劇的なタッチで描き出し、独特な雰囲気が話題を呼びました。

「羊の木」原作:山上たつひこ、作画:いがらしみきお 原作「羊の木」は「イブニング」で2011年から2014年まで連載。2014年の文化庁メディア芸術祭優秀賞にも選出された(画像はイブニング公式サイト - モアイより)

 物語の主人公は、元受刑者たちの受入担当となった市役職員・月末一(つきすえ はじめ)。月末を演じる錦戸さんは初めてとなるサスペンス作品の出演に「一癖も二癖もある共演者に『月末』として精一杯翻弄されたいと思います。どうぞご期待ください!」とコメントしています。

 また、月末が思いを寄せる元同級生・石田文に木村文乃さん。「黒でも白でもなくグレーな部分に切り込む今回の作品がどんな吉田色に染められていくのか、そしてその一員になれることをとても嬉しく思います」と期待を語っています。

 監督は、「桐島、部活やめるってよ」などの作品でも知られる吉田大八さん。「善と悪、普通と異常、自分と他人、地方と中央、生と死。原作『羊の木』に出会ってしまった結果、そういう境目たちとまとめて向き合うことになりました」「ダークだけどカラフル、怖すぎて笑えるような映画を目指します」とコメント。なお、映画のストーリーは原作を大きくアレンジし、全く異なるエンディングが描かれるそうです。

 このほか、傲慢な釣り船屋・杉山勝志を北村一輝さん、色っぽい介護士・太田理江子を優香さん、人見知りの清掃員・栗本清美を市川実日子さん、気弱な理髪師・福元宏喜を水澤紳吾さん、強面で寡黙なクリーニング屋・大野克美を田中泯さん、無邪気な宅配業者・宮腰一郎を松田龍平さんが演じます。

原作「羊の木」第1巻 映画は原作とは違うエンディングになるそう(画像はAmazonより)

不安は朦朧とした人の姿に似ている。恐怖は陽光の中の微笑に似ている。
ぼくは、それを呪文のようにつぶやき、いがらしみきおはそれを震える描線で刻印した。
映像はリレー競技の最終ランナーだ。それがゴールしたとき、ぼくたちは触れるはずである。
窓から差し込まれた見知らぬものの手に。 (原作:山上 たつひこ)

映画化の話をいただいた時は驚愕しました。ほんとは狙っていましたが(笑)。そういう意味でとてもうれしいです。
原作とはまた違った「羊の木」を見られるのを山上先生とともに楽しみにしています。 (作画:いがらしみきお)

僕自身、約2年半ぶりに撮影する映画で、さらに初めてのサスペンスになるのでとても楽しみ(?)というか、ソワソワしています。監督をはじめとして、キャストの方も初めてご一緒する方々ばかりなので、一癖も二癖もある共演者に「月末」として精一杯翻弄されたいと思います。どうぞご期待ください! (主演:錦戸亮)

(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

関連キーワード

映画 | 原作 | 実写 | 漫画 | 犯罪 | サスペンス | 講談社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声