ニュース
» 2016年09月23日 23時24分 公開

元受刑者を受け入れた地方都市を描く「羊の木」錦戸亮主演で実写映画化! 原作と全く異なるエンディングに

あなたの街のあの人は、もしかしたら「凶悪犯罪者」かもしれない。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 元受刑者たちの受け入れを決めた地方都市を描き、“問題作”と称された原作・山上たつひこ、作画・いがらしみきおの漫画「羊の木」が、関ジャニ∞の錦戸亮さん主演で2018年に実写映画化されることが明かされました。

「羊の木」映画化決定 「凶悪犯罪者の極秘の社会復帰」を描いた「羊の木」が実写映画化 

 財政難と過疎に悩む地方都市「魚深市」が、元受刑者たちを受け入れたことで起こる違和や不信、不安を描いた同作。「がきデカ」「ぼのぼの」などのギャグ作品から「光る風」「I(アイ)」のような不条理・違和感を描いた作品まで、振れ幅の大きな作品を世に送り出した2人のコンビ作は、日常に隠れた狂気を悲劇的で喜劇的なタッチで描き出し、独特な雰囲気が話題を呼びました。

「羊の木」原作:山上たつひこ、作画:いがらしみきお 原作「羊の木」は「イブニング」で2011年から2014年まで連載。2014年の文化庁メディア芸術祭優秀賞にも選出された(画像はイブニング公式サイト - モアイより)

 物語の主人公は、元受刑者たちの受入担当となった市役職員・月末一(つきすえ はじめ)。月末を演じる錦戸さんは初めてとなるサスペンス作品の出演に「一癖も二癖もある共演者に『月末』として精一杯翻弄されたいと思います。どうぞご期待ください!」とコメントしています。

 また、月末が思いを寄せる元同級生・石田文に木村文乃さん。「黒でも白でもなくグレーな部分に切り込む今回の作品がどんな吉田色に染められていくのか、そしてその一員になれることをとても嬉しく思います」と期待を語っています。

 監督は、「桐島、部活やめるってよ」などの作品でも知られる吉田大八さん。「善と悪、普通と異常、自分と他人、地方と中央、生と死。原作『羊の木』に出会ってしまった結果、そういう境目たちとまとめて向き合うことになりました」「ダークだけどカラフル、怖すぎて笑えるような映画を目指します」とコメント。なお、映画のストーリーは原作を大きくアレンジし、全く異なるエンディングが描かれるそうです。

 このほか、傲慢な釣り船屋・杉山勝志を北村一輝さん、色っぽい介護士・太田理江子を優香さん、人見知りの清掃員・栗本清美を市川実日子さん、気弱な理髪師・福元宏喜を水澤紳吾さん、強面で寡黙なクリーニング屋・大野克美を田中泯さん、無邪気な宅配業者・宮腰一郎を松田龍平さんが演じます。

原作「羊の木」第1巻 映画は原作とは違うエンディングになるそう(画像はAmazonより)

不安は朦朧とした人の姿に似ている。恐怖は陽光の中の微笑に似ている。
ぼくは、それを呪文のようにつぶやき、いがらしみきおはそれを震える描線で刻印した。
映像はリレー競技の最終ランナーだ。それがゴールしたとき、ぼくたちは触れるはずである。
窓から差し込まれた見知らぬものの手に。 (原作:山上 たつひこ)

映画化の話をいただいた時は驚愕しました。ほんとは狙っていましたが(笑)。そういう意味でとてもうれしいです。
原作とはまた違った「羊の木」を見られるのを山上先生とともに楽しみにしています。 (作画:いがらしみきお)

僕自身、約2年半ぶりに撮影する映画で、さらに初めてのサスペンスになるのでとても楽しみ(?)というか、ソワソワしています。監督をはじめとして、キャストの方も初めてご一緒する方々ばかりなので、一癖も二癖もある共演者に「月末」として精一杯翻弄されたいと思います。どうぞご期待ください! (主演:錦戸亮)

(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

関連キーワード

映画 | 原作 | 実写 | 漫画 | 犯罪 | サスペンス | 講談社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」