ニュース
» 2016年09月26日 01時00分 公開

アニメ映画「orange -未来-」が11月18日劇場公開、須和視点の新エピソード

2週間限定、主題歌はコブクロの「未来」に。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 9月25日の放送で最終回を迎えたテレビアニメ「orange」。その劇場版「orange -未来-」が、11月18日から2週間限定で公開されることになりました。特報映像とキービジュアルも解禁されています。

劇場版「orange -未来-」キービジュアル 須和の視点によるキャッチコピーが複雑な気持ちを表現

 公開されたキービジュアルには、晴れた冬の空の下で物語の舞台・長野県松本市に実在するあがたの森公園のベンチに腰掛ける主人公の菜穂と菜穂に想いを寄せる翔、そして2人を見守る須和の姿が描かれています。

 そして左端には「あの日から、この未来を二人に見せたかった―」とのキャッチコピー。これは須和の複雑な想いの先にあるストレートな願いを表現したもの。その言葉通り、映画では菜穂に想いを寄せながらも友人・翔との恋愛を応援し続ける須和の視点からストーリーが語られていくとのこと。シナリオは原作者・高野苺さんによる描きおろしエピソード。テレビアニメの名シーンを重ねつつ、原作でも映像化でもこれまで触れられなかった物語のその後が描かれていくようです。

主題歌を歌うコブクロ主題歌「未来」のジャケット 主題歌はコブクロの「未来」に決定

 また、劇場版の主題歌はテレビシリーズに引き続きコブクロの「未来」に決定。原作の高野さんは「歌詞が、翔と菜穂を見守る須和の姿と重なり、すごくぴったりだと改めて思い、サブタイトルは『未来』しかないと思いました。それぞれが、好きな人を大切にしてできあがった『未来』を観てください」とコメント。一方、コブクロの2人は「映画のサブタイトルに『未来』という言葉が入り、作品と楽曲がまた強く結ばれました」と語っています。劇場前売券とムビチケの発売は10月14日から。


(C)高野苺・双葉社/orange 製作委員会

ADAKEN

関連キーワード

アニメ | 映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー