ニュース
» 2016年09月26日 11時04分 公開

今治市の“怖すぎる滑り台”、このままでは危険と判断し一時使用禁止に

市は対策を練って再開する考え。

[ねとらぼ]
滑り台一時使用禁止 ネットでも話題になった(関連記事

 愛媛県今治市は23日、“怖すぎる”としてネットで拡散していた朝倉緑のふるさと公園の滑り台を一時使用禁止にすると発表した。

 公園にある滑り台は全長60メートル、傾斜27度。気象条件や服装、滑り方によってはスピードが出過ぎることがあり、“怖すぎる滑り台”としてテレビ番組やネットなどで紹介されることも多かった。ここ数日、SNSを中心に想定以上のスピードで滑り降り、止まることができずに体ごと前方へ飛び出す様が撮影された動画が拡散。市民からの問い合わせがあり、市が投稿を確認し今回の処置を決めた。

 市の担当者はねとらぼの取材に対して、朝倉村が今治市に合併(2005年)以来、特にこの滑り台で大きなケガをしたとの報告は受けていなかったが、万が一を考えて対策を練る必要があると判断し使用禁止にしたと明かした。しかし、普段利用している人々の楽しみを安易に奪うべきではないとして、あくまでも一時使用禁止であって、1〜2週間ほどで利用できるようにするという。

 滑り台にはもともと小さい子どもの使用禁止や雨の日や寝転んだ姿勢で滑らないなどの注意書きがあったが、もっと分かりやすい看板などを設置することにしている。担当者は正しい使用方法であれば、滑り台はそれほど加速することはないため、利用者のモラルに呼び掛けていくことで滑り台を継続して使用できるようにしたいとの考えだ。

滑り台一時使用禁止 滑り台がある今治市の朝倉緑のふるさと公園(今治市Webサイトより)

関連キーワード

子供 | 服装 | 投稿 | モラル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」