ニュース
» 2016年09月27日 17時04分 公開

ダメだ、もう耳から離れない! ピコ太郎の歌う「ペンパイナッポーアッポーペン」が世界中でヘビロテ

2016年口ずさみ大賞かも。

[城川まちね,ねとらぼ]

 謎の千葉県出身シンガーソングライター、ピコ太郎さんが歌う「ペンパイナッポーアッポーペン」が、中毒性が高すぎるとして世界中で人気沸騰中です。

ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」 「ペンパイナッポーアッポーペン」 is 何? (画像はペンパイナッポーアッポーペン/ピコ太郎より)

ペンパイナッポーアッポーペン/ピコ太郎

 かわいらしい名前とは裏腹に、ちょびヒゲに色付きメガネ、柄物のワイシャツと、オラつきまくりなスタイルのピコ太郎さん。眼光鋭くこちらを見下ろしていますが、BGMが聞こえてくると同時に笑顔で体をくねくね。別の意味でやばい人に変貌します。

 独特のフレーズとダンスがSNSやYouTubeで人気を博し、Instagramでは「♯ppap」のハッシュタグ付きで現在1万件近くの動画が投稿。日本では10代女性を中心に人気となっていますが、英語で制作されていることもあり、タイや台湾などのアジア諸国、アメリカのメディアでも話題に。米WebメディアのMashableは「全く理解できない、だからこそ完璧に楽しくて魅惑的」とし、米WebメディアTHE VERGEは、「いま聴かなくてもどこか別の場所で必ず耳にすることになる」とその中毒性に注目しています。

 8月末の公開から再生回数400万回を突破したYouTubeの動画には、海外からのコメントで「助けて、やめられない!」「これ1時間ずっと歌ってる動画が欲しい」などすでにとりこになってしまっている人が多数見られます。

 

ピコ太郎とまこみな MixChannelで大人気の「りかりこ」や「まこみな」も。海外では面白画像投稿サイト「9GAG」で知ったという人が多いよう(画像は9GAGのInstagramより)

 ピコ太郎さんは、もともとはお笑いトリオ「底抜けAIR-LINE」のメンバーとして2003年の解散まで活躍。その後テクノユニット「NBR(元『ノーボトム!』)」として音楽活動に専念していましたが、2008年から「古坂大魔王」の芸名でお笑いの世界にもカムバック。古坂大魔王さんは青森県出身ですが、「千葉県出身のシンガーソングライター、ピコ太郎」として発表した今回の「ペンパイナッポーアッポーペン」は、英語で制作されたこともあり、本人の予想を超えるヒットを飛ばしてしまったようです。

古坂大魔王ことピコ太郎 (画像は古坂大魔王のInstagramより)

 ピコ太郎さんは現在の状況に戸惑いつつも、英語で喜びをツイート。さらに新曲「ペンパイナッポーアッポーペンのリミックス/ピコ太郎with古坂大魔王」も公開しています。ミュージシャンでもあるピコ太郎さん、新曲のリミックスバージョンでは、中毒性に加えて何だかちょっと格好よさも……。

やだピコ太郎かっこいい……

関連キーワード

ペン | 人気 | 動画 | お笑い芸人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」