ニュース
» 2016年09月28日 17時09分 公開

ネット番組「なんでもあり☆」のスタッフ募集が2カ月無給で物議 AbemaTVのブラック求人との誤解も

タレントを集めるために予算が圧迫され、スタッフには交通費のみ支払い。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 11月からスタートするネット番組「なんでもあり☆」のスタッフ募集が、ブラック過ぎると物議を醸しています。放送開始に合わせてカメラマンやディレクター、メイク担当などを募っているのですが、2カ月にわたって無給という内容になっています。


画像


画像 募集ページに記載された条件。このほかにも音声、照明、AD、編集などあらゆるスタッフを募っています

 「なんでもあり☆」は、動画配信プラットフォーム「FRESH! by AbemaTV」で放送を予定している、出演者自身が企画をプレゼンし、映像制作を行うバラエティー番組。スタッフ募集ページによれば、毎回15〜20人のタレント、役者などが出演する構成により予算が圧迫されており、11月と12月の2カ月間、スタッフに支払われるのは交通費のみとなっています。

 カメラマンは業務用のカメラを持っており、使用できる人が望ましいとしていることから、Twitter上では「業務用カメラを持ってるような人材を無給で働かせるのはおかしい」「カメラすら用意してないのか」「スタッフの扱いが雑すぎてかわいそう」と批判が殺到。各種まとめサイトでは「AbemaTVのとんでもないブラック求人」として記事化されています。


画像 「なんでもあり☆」の公式とみられるTwitterアカウント。レギュラーMCを務める楽しんごさんの動画が掲載されています

 この件についてAbemaTVに話を聞いたところ、「なんでもあり☆」は外部の企業が自由に制作を行っている番組であり、詳細を把握していないとのこと。スタッフ募集ページに「AbemaTV(なんでもあり☆)キャスティング担当本部」という表現があることなどから、同社が募集しているように勘違いされていると指摘したうえで、該当の制作会社に連絡をとり、対応を行っているとしました。編集部は、さらに制作会社の社名などについても問い合わせています。

 ちなみに、今回のスタッフ募集は労働基準法などに反しないのでしょうか。東京労働局に聞いたところ、募集条件の中には「皆様の予定もあると思いますので、(収録は)参加できる日のみの参加で大丈夫です」という1文が見られ、業務契約を結ぶつもりがあるのか、ボランティアを募っているだけなのか判断しにくい内容だそうです。

 最初はボランティアとして撮影に協力してもらい、ギャラが支払われる1月から雇用契約を結ぶ方法が考えられますが、たとえ最初の2カ月間が無給でも労働者本人が納得して契約するならば違法性はないそう。しかし、「それだと応募者が現れないのではないでしょうか」といぶかしそうにしていました。

 また、カメラマンの私物のカメラを撮影に使用する場合は、故障時の費用負担などについて明確にしないとトラブルに発展する可能性があります。違法性の有無を即断することはできないものの、契約の際には労使ともに気を使う必要がありそうです。

28日19時追記

 AbemaTVは該当する配信事業者に対し、無断での同社サービスのアイコンやロゴ画像掲載、サービス名称を表記したとして、削除・修正を依頼し、厳重に注意したとのこと。当該の求人ページは現在削除されています。また制作会社がどこかについては明かせないとしています。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声