ニュース
» 2016年09月29日 11時36分 公開

宇多田ヒカルの最新アルバムが世界的ヒット! 予想外の出来事に本人も「なにこれどういうこと?笑」

日本ではRADWIMPS、EXILEを抑えて1位に。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 9月28日にリリースされた宇多田ヒカルさんの8年半ぶりのフルアルバム「Fantome」(「o」の上にサーカムフレックスが付く)が、世界各国の音楽ランキングで上位に急上昇。本人も驚く“宇多田旋風”が巻き起こっています。

宇多田ヒカル「Fantome」 宇多田ヒカル「Fantome」(Amazon.co.jpより)

 宇多田さんやスタッフのアカウントがリツイートしているものだけでも、フランスのiTunes Storeランキングで12位、アメリカでは6位、台湾や香港、シンガポールに至っては1位を獲得するなど絶好調。さらに日本のiTunes Storeでは、爆発的なヒットを記録しているRADWIMPSの「君の名は。」を追い抜き堂々の1位に。また、タワーレコードの全店総合アルバムチャートで2日連続1位となっている他、オリコンのデイリーCDアルバムランキングでも、27日に登場したEXILEのベストアルバム「EXTREME BEST」を抑えてトップに輝く快進撃を見せています。

宇多田ヒカル「Fantome」 RADWIMPS越え(日本のiTunes Store)

宇多田ヒカル「Fantome」 EXILEのベストアルバムよりも上(オリコンの「デイリー CDアルバムランキング」より)

 この反響は全く予想できていなかったようで、宇多田さんは「なにこれどういうこと?笑」「ええええ?!」「はひ!?」とツイート。宇多田さんのスタッフも「マーケ担当者として正直に告白しますが、ここまでの筋書きはなかったです。言霊?ですかねw いやーにしてもすごいなぁ」と驚きを隠せない様子です。

 19日には、8年ぶりに「MUSIC STATION」に出演して歌声を披露した宇多田さん(関連記事)。空白の6年間については「一旦リセットしたいなと。だんだん分からなくなってきちゃって。みんなに求められている私と本当の自分が離れている気がして、一旦止まろうと決めました」と語っていましたが、今回のヒットで再び音楽の世界に舞い戻ってきたと言えそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声