ニュース
» 2016年09月29日 16時57分 公開

「正職員への実績作りにと……」 “格ゲー世界大会優勝”虚偽報告で炎上の太田市臨時職員、上司に話を聞いた

ネットでは擁護意見もあがり始めています。

[イッコウ,ねとらぼ]

 上毛新聞と朝日新聞が「群馬県太田市役所の臨時職員が格闘ゲーム『ギルティギア』の世界大会で優勝した」と報じたものの、後にこの大会が虚偽であることが判明した件について(関連記事)、臨時職員Aさん(仮名)の所属する太田市市役所商業観光課に話を伺いました。



 「そんな大会は存在しない」とする指摘が相次ぎ問題が判明したもの(関連記事)。この“虚偽の優勝報告”は上毛新聞・朝日新聞で掲載されていた記事が取り下げられ、訂正記事が掲載された他、Webメディアやテレビでも大々的に報じられ一気に炎上状態に。職場には「フランスに行く」として16日午後から25日まで休暇になっていたAさんですが、実際はパスポートも持っていなかったようです。


ギルティギア 虚偽 優勝 太田市 群馬 当初上毛新聞で掲載されていた記事(画像加工は編集部によるもの)

 Aさんは臨時職員として同市役所で2015年4月に採用され、任期の更新を経て約1年半勤務し次回の更新も行う予定でしたが、同市役所は今回の件を受け更新を見送る方針とのこと。Aさんが所属する商業観光課の課長補佐はAさんの勤務態度について「真面目かつ素直。臨時職員ではあったものの正職員と同様に働いており、働きぶりは全く問題なかった」と語っています。

 今回各媒体が報道した経緯については、優勝の報告を受けた上司が「本人が正職員になるためのプラス材料に」と考え、記者クラブに報告を行い、後に記者側から取材の依頼があったため、報告会を開くことになったものと説明。もともとAさんの仕事ぶりは評価されており、正職員に引き上げたい意向があったことも一因となっていたようです。

 当初はAさんに対し批判が相次いでいましたが、本名の“晒(さら)し”やコラ画像が出回る状況に「たたかれすぎでは」といった擁護する意見も上がり始めています。同課長補佐は「契約の更新をしない方針は適切か?」という問いに対して「本人が“引くに引けなくなった”心境は理解できる。本人を責めるつもりはないが、半年任期の臨時職員でこういった件になると(契約更新は)難しい」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」