ニュース
» 2016年09月30日 13時27分 公開

活動休止中のセレーナ・ゴメス、世界で初めてInstagramフォロワー数1億人を超える

コーラを飲んでいるだけの画像で史上最多となる400万件以上の「いいね」を得たことも。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米歌手で女優のセレーナ・ゴメスのInstagramフォロワー数が1億人を突破。親友でもあるテイラー・スウィフトや、アリアナ・グランデ、ビヨンセなどの人気アカウントを抑え、史上初の快挙を成し遂げました。

セレーナ・ゴメス史上最多の400万超いいね もう1つの記録を保持している写真(画像はセレーナ・ゴメスのInstagramより)

 ただしゴメスは8月末から、難病指定されている全身性エリテマトーデスの治療のため活動休止中。Instagramでの投稿も8月半ばを最後に止まっています。また、元恋人ジャスティン・ビーバーとの不安定な関係が続いたころからうつ病ではないかとうわさされ、活動休止は精神の療養も兼ねているのではと報道されたこともあり、ファンの心配は高まるばかりでした。

 そこでゴメスを応援すべく、フォロワー1億人突破が迫ってくると、「セレーナがインターネット(の記録)を破る」という意味のハッシュタグ「#SelenaBreakTheInternet」が付けられた投稿がInstagram上で増加。ゴメスを勇気づけるような投稿とともに、ファンが記録達成を後押しした格好となりました。

セレーナ・ゴメスInstagramフォロワー1億人突破 世界1位ってすごすぎる(画像はセレーナ・ゴメスのInstagramより)

 コーラを飲んでいるだけの画像で史上最多となる400万件以上の「いいね」を得たこともあるゴメス。元恋人のビーバーがファンに怒ってInstagramアカウントを閉鎖した際には、ファンを大切にするようビーバーをいさめたこともあるゴメス(関連記事)。キュートなルックスだけではなく、ファンを大切にする姿勢もたくさんの人に愛されている理由なのかもしれません。一刻も早い全快と活動再開が願われます。


関連キーワード

Instagram | 女優 | アーティスト | 人気


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響